トヨタ「ヤリス」なぜ首位独走出来た? ライバル登場も年度販売台数1位に輝いた理由

ヤリスとヤリスクロスで客層はどう違う?

 ヤリスとヤリスクロスは、どちらも人気があるモデルですが、販売面ではどのような特徴があるのでしょうか。

 コンパクトカー(5ナンバー車)としてヴィッツの頃からトヨタのけん引していました。

 一方のヤリスクロスは、ライズと「C-HR」の中間的なボディサイズとして登場したコンパクトSUVです。

 ヤリスとヤリスクロスはどちらも、トヨタのエントリーモデルとして、100万円台から設定されています。

 しかしパワートレイン別の販売比率では異なる特徴があるといい、前出のトヨタによると以下の通りです。

 ●ヤリス
 ・ガソリン車:7万240台
 ・ハイブリッド車:6万860台

 ●ヤリスクロス
 ・ガソリン車:2万1690台
 ・ハイブリッド車:4万2860台

 このように、ヤリスではガソリン車、ハイブリッド車の比率に大きな差はないといえますが、ヤリスクロスでは半数近い差が開いています。

 この要因について、前出のトヨタ販売店は次のように説明しています。

「ヤリスでは、セカンドカーとして近所の移動がメインとなる一般のお客さまや、営業車として使用される法人などは価格の安さを重視する人がガソリン車を希望される傾向です。

 ハイブリッド車に関しては、一般、法人ともに『世界トップクラスの燃費』という部分に関心を持たれた人が多いです。

 一方でヤリスクロスは、ファーストカーとしてある程度距離を走る用途のお客さまが多いです。

 また、ガソリン車とハイブリッド車の反響は、半々という印象でヤリスほどどちらかに偏っている印象は少なく、お客さまのニーズや予算に合わせてお選びいただいております」

ヤリスシリーズの二枚看板「ヤリス」(左)と「ヤリスクロス」(右)
ヤリスシリーズの二枚看板「ヤリス」(左)と「ヤリスクロス」(右)

 ヤリスシリーズは、三者三様の個性を持っています。GRヤリスは販売台数こそ大きく見込めないものの、現代のユーザーに「走る愉しさ」を伝えるモデルとして、世界中から大きな反響がありました。

 日常的な移動に適したヤリス、人気のコンパクトSUVのヤリスクロス、クルマ好きを熱狂させるGRヤリスという合わせ技がヤリスシリーズの魅力といえます。

トヨタ・ヤリス のカタログ情報を見る

トヨタ・ヤリスクロス のカタログ情報を見る

【画像】超黒いヤリス! シリーズ最強の「GR」を見る!(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント