ホンダ「N-BOX」シリーズが軽で6年連続首位獲得! 約20万台の販売台数を2020年度に記録

ホンダは、同社の軽乗用車「N-BOX」シリーズの2020年度(2020年4月から2021年3月)における販売台数が19万7900台となり、軽四輪車 新車販売台数で第1位を獲得したと発表しました。

軽四輪車 新車販売台数、6年連続首位獲得

 ホンダの軽乗用車「N-BOX」シリーズが、2020年度(2020年4月から2021年3月)における販売台数19万7900台を記録。軽四輪車の新車販売台数で、6年連続となる第1位を獲得しました。

ホンダ「N-BOX」
ホンダ「N-BOX」

 N-BOXは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインに加え、全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」や、優れた走行性能・燃費性能などにより、多くのユーザーから好評を得ています。
 
 また、2020年12月のマイナーモデルチェンジでは内外装が刷新されるとともに、N-BOXの世界観の幅を広げるコーディネートスタイルを追加。

 ホンダはこれからも、選択の幅を広げることでより多くのユーザーに向け、商品の魅力を高め続けるとしています。

ホンダ・N-BOX のカタログ情報を見る

【画像】軽四輪車 新車販売台数、6年連続首位獲得したホンダ「N-BOX」シリーズを画像で見る(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント