今や新型「GR 86/BRZ」は超貴重な存在? 絶版コンパクトFRスポーツ5選

2021年4月5日、トヨタの新型「GR 86」が世界初公開されると同時に、共同開発されたスバル新型「BRZ」の国内仕様も発表されました。今や世界的にも貴重な存在となったコンパクトサイズのFRスポーツである両モデルですが、かつては各メーカーからもFRのスポーツモデルが販売されていました。そこで、絶版となったコンパクトFRスポーツを5車種ピックアップして紹介します。

往年のコンパクトFRスポーツを振り返る

 トヨタとスバルは2021年4月5日に、FRスポーツカーである新型「GR 86」並びに新型「BRZ」を発表。「86」は車名がGR 86に改められて世界初公開され、新型BRZは日本仕様が公開されました。

すでに絶版となってしまったコンパクトFRスポーツカーたち
すでに絶版となってしまったコンパクトFRスポーツカーたち

 今では世界的にも激減してしまったコンパクトFRスポーツの両車が刷新されたことは、国内外で大きなニュースとして話題となっています。

 かつて、比較的コンパクトなサイズのFRスポーツカーは数多く存在していましたが、近年はニーズの変化から人気が低迷し、激減してしまいました。

 そこで、絶版となってしまったコンパクトFRスポーツを、5車種ピックアップして紹介します。

●日産「S15型 シルビア」

シリーズ最後のモデルで集大成ともいえる「S15型 シルビア」
シリーズ最後のモデルで集大成ともいえる「S15型 シルビア」

 1965年に誕生した日産「シルビア」は、2002年に生産を終えた7代目の「S15型」まで歴代モデルはすべてコンパクトなFRスポーツカーというコンセプトを貫いたモデルです。

 初代は国産スペシャリティカーの草分け的存在で、多くの製造工程が手作業だったこともあり、あまりにも高額なモデルでしたが、1975年に登場した2代目からは若者でも手が届く量産車へと生まれ変わりました。

 その後、3代目からはターボエンジンやDOHCによって高性能化され、1988年に発売された5代目の「S13型」は美しいボディにハイパワーなエンジンを組み合わせたことによって、大ヒットを記録。

 この5代目のイメージを踏襲して、1999年に7代目シルビアが登場しました。

 ボディはS13型以降で共通の2ドアクーペのみで、全長4445mm×全幅1695mm×全高1285mmと3ナンバーサイズだった6代目からダウンサイジングされ、再び5ナンバーサイズに戻されたことが大きなトピックスです。

 また、フロントフェイスを一新し、ボディラインもエッジの効いたフォルムとすることで、シャープな印象を取り戻しました。

 さらに車両重量も20kgほど軽量化され、エンジンは6代目と同型の2リッター直列4気筒ターボ「SR20DET型」ですが最高出力は220馬力から250馬力へとパワーアップし、新たに採用された6速MTと相まってFRスポーツとして走りの実力も向上。

 しかし、S15型は排出ガス規制強化などの対応が困難なことから、発売からわずか3年7か月後の2002年に生産終了となり、現在まで後継モデルはありません。

日産・シルビア の中古車をさがす

●マツダ「RX-8」

ロータリーエンジンを搭載した最後のモデルとなった「RX-8」
ロータリーエンジンを搭載した最後のモデルとなった「RX-8」

 1967年に誕生したマツダ「コスモスポーツ」以来、ロータリーエンジンは同社を代表する高性能エンジンとして歴代のスポーツモデルに搭載されましたが、最後のロータリーエンジン搭載車となったのが2003年に発売された「RX-8」です。

 RX-8は生粋のFRスポーツカーである「RX-7」の実質的な後継車として開発されたモデルで、流麗なフォルムながら観音開きの4ドアを採用し、室内の居住空間を十分に確保した4シーターという、実用性も考慮されたユニークなレイアウトを採用。

 搭載されたエンジンは、新開発の654cc×2ローター自然吸気ロータリーの「13B型」で、トランスミッションは6速MT、5速MT、4速AT(後に6速ATが追加)を設定し、トップグレードの「TYPE-S」6速MT車では最高出力250馬力を誇りました。

 また、足まわりはフロントにダブルウイッシュボーン、リアにマルチリンクを採用し、FR車では理想的な前後重量配分「50:50」を実現するなど、高い運動性能を発揮します。

 その後、RX-8は改良を続け進化していきましたが2012年に生産を終了。マツダのFRスポーツカーは「ロードスター」に一本化されて現在も継承されています。

マツダ・RX-8 の中古車をさがす

●ホンダ「S2000」

高回転・高出力なNAエンジンを搭載したメモリアルモデルの「S2000」
高回転・高出力なNAエンジンを搭載したメモリアルモデルの「S2000」

 ホンダは1980年代から1990年代にかけて、オートバイの開発やF1参戦によって培われた技術によって高回転・高出力な自然吸気エンジンを得意とする、「エンジン屋」というイメージが確立していました。

 その集大成ともいえる高性能自然吸気エンジンを搭載し、「S800」以来となる29年ぶりのFR車としてデビューしたのが、1999年に発売されたオープンスポーツカーの「S2000」です。

 S2000はホンダ創立50周年を祝うメモリアルカーとして開発され、最高出力250馬力を8300rpmで発揮する2リッター直列4気筒自然吸気VTECエンジン「F20C型」を搭載。トランスミッションは6速MTのみとされました。

 レブリミットは9000rpmとされ、排気量1リッターあたりの出力は125馬力と、市販車のエンジンとしては驚異的な高回転・高出力を実現。

 2005年のマイナーチェンジでエンジンは2.2リッターに排気量がアップされ、前期モデルほどの高回転型エンジンではなくなりましたが、扱いやすさを向上したことはポジティブな要素でした。

 ボディはFRスポーツカーの王道であるロングノーズ・ショートデッキのフォルムで、コンセプトモデルだった「SSM」のデザインエッセンスを取り入れたシャープな印象のフロントフェイスを採用。

 当然ながらシャシも新開発され、足まわりには前後ダブルウイッシュボーンが奢られ、1.2トン強の軽量な車体と相まって、優れた運動性能を発揮しました。

 S2000はピュアFRスポーツカーとして国内外の走り好きを魅了しましたが、販売台数の低迷から2009年に一代限りで生産を終了。後継車はなくホンダのFR車もS2000以降は存在していません。

ホンダ・S2000 の中古車をさがす

【画像】もはや絶滅寸前! 新型GR 86&BRZとともに貴重なFRスポーツカーを見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント