ゴツいスバル「アウトバック」は即買い決定!? ワイルド仕様がカッコ良すぎる

アウトバック ウィルダネスってどんなモデル?

 アウトバックは、乗用車とSUVを融合させたスバルのフラッグシップクロスオーバーSUVです。北米では2019年秋にフルモデルチェンジした6代目が販売されていますが、日本では2021年にもこの新型モデルが投入されるのではないかとウワサされています。

 今回北米で設定されたアウトバック ウィルダネスは、アウトバックの価値はそのままに、タフでワイルドなキャラクターに磨きをかけてアウトドアシーンで頼れる走破性と機能性をさらに強化。3500ポンド(約1.5トン)のけん引能力を備えました。

スバル「アウトバック ウィルダネス」(北米仕様)
スバル「アウトバック ウィルダネス」(北米仕様)

 パワーユニットは、260hpを発揮する2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載。リニアトロニックCVTは極低速時のトラクション性能を強化しています。

 また、高剛性ボディにバンプストローク量の大きい専用サスペンションを組み合わせることで、日常使用での快適性を維持しつつ、未舗装路での衝撃吸収や路面追従性も向上。

 さらに、ヨコハマ ジーランダー オールテレーンタイヤを装着し、泥道や砂利道、登坂路などでの走破性を高めました。

 最低地上高は、標準モデルの8.7インチ(220mm)から9.5インチ(240mm)まで高め、路面との接触に対する安心感が向上。

 アプローチアングルは18.6度から20.0度へ、ランプブレークオーバーアングルは19.4度から21.2度へ、デパーチャーアングルは21.7度から23.6度へ変更しています。

 内外装にはワイルドなデザインを採用。外観では新型のフロントおよびリアバンパー、大胆な六角形のフロントグリル、大型化されたホイールアーチクラッディング、フロントスキッドプレート、六角形のLEDフォグランプ、マットブラック仕上げのアンチグレアフードデカールなどの専用のスタイリングを取り入れました。

 内装はイエローをアクセントとし、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネート。防水性を備えたシート表皮を後席シートバックなどにも採用し、アウトドアでも気兼ねなく使える機能性を実現しています。

 アウトバック ウィルダネスは、北米で2021年後半に発売される予定です。

スバル・レガシィアウトバック のカタログ情報を見る

【画像】車高アップで悪路も余裕! ワイルドなスバル「アウトバック ウィルダネス」(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 乗用車とSUVを融合とありますが、SUVは乗用車ではないのでしょうか?乗用車の定義とは?

  2. ボンネットフードの黒は要らないかな。
    あとフロント周りをもう少し大人うけする
    デザインにしてほしいな。なら買うのに。