軍用から始まったSUV黎明期の立役者「初代ディフェンダー」が今なお至高の存在である理由【中古車至難】

いまやメルセデス・ベンツ「Gクラス」やジープ「ラングラー」のように、オフロード性能の高いハイレベルなSUVが数多く存在する時代となった。そんななか、現代においてはお世辞にも高性能とはいえないレトロな「初代ディフェンダー」が、車好きに選ばれ続けるその魅力は一体どこにあるだろうか。

実戦仕様の飾らないかっこよさ

 自動車メディアでの仕事が長くなってくると、どうしてもいろいろな意味でスレてしまい、街でスーパーカーや希少車を見かけても「とくに驚きもしないし感動もしない」という精神状態にもなっていく。

 だがそのようにスレてしまった人間でも、見かけるとつい「おっ!」と盛り上がってしまうクルマが少数ながら存在する。

 そのひとつが初代ランドローバー「ディフェンダー」だ。

 2020年4月には新型のディフェンダーが発売されたわけだが、初代ディフェンダーが登場したのは1948年のこと。といっても当時はディフェンダーという車名ではなく、「ランドローバー」という非常にシンプルな車名だった。

●1945年 ランドローバー シリーズI

1989年に初めてディフェンダーという名前がつけられた。順番としてはランドローバー(シリーズI・II・III)、ランドローバー(90・110・127)、ディフェンダー(初代・2代目)の順で発売されてきた(C)ジャガー・ランドローバー
1989年に初めてディフェンダーという名前がつけられた。順番としてはランドローバー(シリーズI・II・III)、ランドローバー(90・110・127)、ディフェンダー(初代・2代目)の順で発売されてきた(C)ジャガー・ランドローバー

 このランドローバー・シリーズIは、英国陸軍の特殊空挺部隊「SAS」に制式採用されたほどの屈強なオフローダー。そしてシリーズIからシリーズII、シリーズIIIへと代を重ねていったランドローバーは1983年、マイナーチェンジにあたって「ランドローバー90/110」へと車名を変更。90または110という数字はそれぞれのホイールベースを表していて、単位は「インチ」である。

 そして1985年、バンとピックアップの127インチホイールベース版である「ランドローバー127」が追加されたが、この時点でのランドローバー車のラインナップは、無骨なオフローダーであるランドローバーのほかは、高級SUVであるレンジローバーだけだったため、車名の種別は非常にはシンプルだった。

 だが1989年に第3のモデルとして「ランドローバー ディスカバリー」が誕生したことで「ランドローバー90/110/127」のネーミングは少々微妙になった(わかりづらくなった)。そのため1991年、ランドローバー90/110/127の車名は「ディフェンダー90/110/130」へと変更された。ちなみに130というのは「切りがよいから」というだけの意味で付けられた車名であり、実際のホイールベースは127インチのままである。

 2005年以降、新型が導入されるまでディフェンダーの正規輸入は途絶え、並行輸入車だけが流通していたが、それまでは正規輸入モデルも販売されていた。

 正規モノの「ディフェンダー90」はV型8気筒ガソリンエンジンにATを組み合わせ、1997年から1998年にかけて1050台を販売。もうひとつの「ディフェンダー110」は直列5気筒ディーゼルターボ・エンジン+MTで、2002年から2004年にかけて正規販売されたモデルだったが、いわゆるディーゼル規制によって販売終了となった。

【画像】シンプルさが感性に響く「ディフェンダー」を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント