リッター10キロ以下なんて当たり前! 国産車最新WLTC燃費ランキングワースト3

国土交通省が日本で販売されるクルマの燃費性能をまとめ、2021年3月31日にデータを公開しました。いまもっとも燃費の悪いクルマは何なのでしょうか。

トヨタ「ヤリス」と対極なクルマ?

 国土交通省が2021年3月31日、日本で販売されるクルマの燃費性能をまとめ、ウェブサイトで公表しました。

 WLTCモード燃費の首位はトヨタ「ヤリス」(36.0km/L)が獲得しましたが、反対にもっともWLTCモード燃費の悪いクルマはどの車種だったのでしょうか。国産乗用車のワースト3を紹介します。

 なお、今回はその車種のなかでもっとも燃費の悪いグレードの数値を採用しています。

燃費の悪い国産車はどれ?
燃費の悪い国産車はどれ?

●3位:日産「GT-R」

 3位にランクインしたのは日産「GT-R」です。

 2007年にR35型として登場以降、10年以上の月日が流れてきましたが、幾度となくマイナーチェンジや年次改良が施されており、いまなお古さを感じさせない魅力を持ちます。搭載されるエンジンは最高出力570馬力を誇る3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンです。

 そんな「GT-R」のWLTCモード燃費は7.8km/Lです。

 WLTCモードは市街地モード・郊外モード・高速道路モードという異なる走行モードでの燃費も合わせて表示され、走行環境によっての燃費の違いもわかります。「GT-R」の場合、市街地モードは5.2km/L、郊外モードは8.4km/L、高速道路モードは9.4km/Lです。

 なお、高性能版となるGT-R NISMOには最高出力が600馬力まで引き上げられたエンジンが搭載されますが、GT-R NISMOは持ち込み登録となるため燃費性能は公表されていません。

●2位:トヨタ「ランドクルーザー」

 2位には、トヨタの最上級SUVである「ランドクルーザー」がランクインしました。

 GT-Rと同じく2007年に現行モデルが登場し、その後マイナーチェンジや一部改良などで外観やパワートレインがブラッシュアップされてきました。

 最新仕様に搭載されているエンジンは最高出力318馬力の4.6リッターV型8気筒エンジンで、もっとも燃費の悪いグレード(「ZX」および「AX Gセレクション」)のWLTCモード燃費は6.7km/Lです。

 市街地モードは4.5km/L、郊外モードは6.9km/L、高速道路モードは8.2km/Lと公表されています。

 なお、2021年中に登場すると予想されている新型モデルでは、ハイブリッド仕様の設定が噂されています。

日産・GT-R のカタログ情報を見る

トヨタ・ランドクルーザー のカタログ情報を見る

【画像】国産車最新燃費ランキングで一番燃費が悪い車種は? 画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント