マツダの飽くなき挑戦の歴史の全貌を見られる!? 「ル・マン優勝30周年メモリアルサイト」公開

マツダが、オフィシャルサイト内に「ル・マン優勝30周年メモリアルサイト」を公開しました。

マツダのル・マン24時間レースへの挑戦は、1970年にスタート

 マツダが、同社のオフィシャルサイト内に「ル・マン優勝30周年メモリアルサイト」を公開しました。

「ル・マン優勝30周年メモリアルサイト」のイメージ
「ル・マン優勝30周年メモリアルサイト」のイメージ

 同サイトでは、1991年にマツダがル・マン24時間レースで総合優勝するまでの「飽くなき挑戦」の歴史が紹介されています。

 マツダのル・マン24時間レースへの挑戦は、1970年にベルギーのプライベートチームにファクトリー仕様の10Aエンジンを提供したところから始まりました。

 その後、ディーラーチームだったマツダオート東京が1974年に12Aエンジンを搭載した2シータースポーツカーで出場し、さまざまなトラブルを経験。その後、マツダオート東京が「サバンナRX-7」に13Bエンジンを乗せたレースカーを開発し、1979年に再挑戦を果たします。

 しかし予選落ちを喫し、その後1981年から毎年ル・マンに挑むこととなりました。

 そこから1991年に総合優勝するまでの挑戦の歴史を、映像を交えて楽しむことが可能なサイトとなっています。

 なお、2021年4月9日から4月11日に幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2021」の主催者特別展示コーナーには、「787B(91年のウイニングマシーン)」、「737C(85年型のグループC2カー)」、「サバンナRX-7 254(82年型)」の3台が展示されることとなっており、サイトと合わせて楽しむこともできます。

【画像】マツダが公開した「ル・マン優勝30周年メモリアルサイト」の画像を見る(4枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント