新型MPV「スターリア」内外装初公開! 個性派キラキラ顔で11人乗り仕様設定 2021年前半発表へ

ヒュンダイが公開した新型MPV「スターリア」は、豪華仕様の「スターリアプレミアム」と標準仕様のスターリアの2仕様が設定されます。いったいどんな違いがあるのでしょうか。

きらびやかな雰囲気が特徴の「スターリアプレミアム」

 韓国の自動車メーカーのヒュンダイは、2021年3月17日に新型「スターリア」の内外装デザインを公開しました。

 日本ではミニバンに相当するMPVというカテゴリに属する新型スターリアは、どんな特徴があるのでしょうか。また、どのような仕様があるのでしょうか。

ヒュンダイ「スターリアプレミアム」
ヒュンダイ「スターリアプレミアム」

 新型スターリアは流線型のシルエットが特徴的な外観となっており、宇宙空間から見た日の出のときに、地球の地平線を照らす光の輪にヒントを得てデザインされました。

 ヒュンダイによると、宇宙船をイメージした未来志向なエクステリアを表現しているとのことです。

 デイライトは水平基調なデザインとなっており、ピクセル調のヘッドライトが先進的な雰囲気を演出しています。

 また、フロントのラジエーターグリル部も含めてボディ同色とすることで、モダンでピュアなスタイルを最大限に引き出したとヒュンダイは説明しています。

 新型スターリアには、豪華仕様の「スターリアプレミアム」と通常仕様のスターリアが設定されました。

 スターリアプレミアムでは、エンブレムやラジエーターグリルの一部などにゴールドの挿し色が配され、きらびやかな雰囲気です。

 さらに9人乗り仕様(シート配置:2+2+2+3)の場合、室内には2列目シートに回転機能が備えられていることが明らかになっています。

 さらにスターリアプレミアムには、9人乗り仕様のほかに7人乗り仕様や、11人乗り仕様が設定される予定です。

 一方、通常仕様のスターリアは、前述のフロントフェイス全体が同色となったデザインも相まって、プレーンな雰囲気です。

 通常仕様のスターリアは、ふたり乗りから11人乗りまでさまざまな乗車定員に対応可能ということで、家族でのドライブからビジネスでの利用まで、さまざまなニーズに応えます。

 なおヒュンダイは、新型スターリアの正式発表を、2021年前半にオンライン上でおこなうとしています。

 それではここでクイズです。

 ヒュンダイは2001年から2009年まで、日本の乗用車市場にも参入していましたが、当時日本で販売していたコンパクトカーの名前は、次のうちどれでしょうか。

【1】ポニー

【2】ネッソ

【3】TB

【4】ユニバース

※ ※ ※

 正解は【3】の「TB」です。

 TBは、2002年からヒュンダイが乗用車事業から撤退するまでの日本市場で販売されたコンパクトカーで、韓国本国では「クリック」、それ以外の多くの海外市場では「ゲッツ」という車名で販売されました。

 ちなみに、【1】のポニーはヒュンダイによる韓国初の国産車、【2】のネッソはヒュンダイが開発した燃料電池車の最新モデル、【4】はヒュンダイの大型バスです。

【画像】キラキラ感が増した豪華版が凄い! 新型「スターリア」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. マツダのMPVの事だと思ったけど
    ロゴが変だと思ったら…

    タイトルもジャンルも紛らわしい
    見て損した

  2. フロントフェイスがお洒落でカッコイイ。

    最大11人乗りというのも面白い。
    スタートレックとかのイメージなのかな。

    • フロントはエスティマのパクリ劣化版でダサいだろ。こんなのよりグランエースの方が良い。

  3. この車本当に現車有るの? 剛性無さそう