いつやる? 車買換で必要な「保険の引越」 任意保険の切り替え作業はいつまでにやるべき?

クルマを乗り換える際には、加入している自動車保険を古いクルマから新しいクルマに入れ替える手続きが必要です。万一の際に備える保険を途切れなく有効にするためには、いつ、どんな手順でおこなえばよいのでしょうか。

クルマを乗り換えたら、保険はどうする?

 クルマを乗り換える際に、任意保険の手続きまでクルマの販売店に任せてしまう方法もありますが、ネット型自動車保険で任意保険の契約をしている場合は、自分で新しいクルマに入れ替える手続きをする必要があります。

 契約から納車までの期間は車種によって幅がありますが、任意保険の切り替え作業は、いったいどのタイミングで開始するのがよいのでしょうか。

クルマの買換! 任意保険は大丈夫?
クルマの買換! 任意保険は大丈夫?

 車検の付いたクルマには自賠責保険が必ず加入されています。しかし、実際の事故では自賠責保険の補償範囲を超えることが多く、とくに対物賠償などに備えるための任意保険は名前の通りドライバーが任意で加入する必要があります。

 販売店で任意保険に加入する場合は、販売店指定の書類に記載をすれば納車時から任意保険が適用するように手配してもらえますし、下取り車がある場合は下取り車を渡したタイミングで、新しいクルマに保険が適用になるように車両入替の手続きを手配してもらえます。

 しかし、最近増えてきているネット型の自動車保険などに自分で加入しているドライバーは、前述のとおり車検証の情報などをもとにすべて自分で手配する必要があるので注意が必要です。

 手続きの方法や手続きのタイミングはそれぞれの保険会社で異なりますが、納車日がわかったタイミングでネット上で事前に手続きをするのが、一般的でかつスムーズに変更する方法です。

 そして納車日を指定しておき、販売店で下取り車と交換で納車する場合には、入れ替えた瞬間に自動で切り替わります。

 そのため、古いクルマで販売店にいくときと、新しいクルマで家に帰ってくるときのどちらも保険が適用されるのです。

 これは「被保険自動車の入替における自動補償特約」などという特約があり、約款に記載されていますが、切り替わりのタイミングについて不明な点があれば、事前に保険会社に問い合わせておくとよいでしょう。

【画像】うあぁゾッとする… 交通事故の悲劇と任意保険の重要性(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント