セダンの皮を被ったスポーツカーか? さり気なく高性能なセダン5選

かつて日本では、高性能なセダンが隆盛を極めていた時代があります。しかし、人気の下落から徐々に車種が減少し、今では希少なクルマとなっています。そこで、かつて販売されていたセダンのなかから、さり気なく高性能なモデルを5車種ピックアップして紹介します。

高性能エンジンと4WDシステムを組み合わせたセダンを振り返る

 三菱「ランサーエボリューション」やスバル「インプレッサWRX」に代表される高性能セダンが市場を賑わせていた頃、他メーカーもさまざまなセダンを販売していました。

 しかし、ニーズの変化から2000年代になると人気の下落は顕著で、販売台数の低迷からセダンラインナップは減少してしまいました。

見た目ではわからない実力を秘めたセダンたち
見た目ではわからない実力を秘めたセダンたち

 現在もセダンは一定のニーズがあることから販売は続いていますが、かつてのような高性能モデルは希少な存在です。

 そこで、これまで販売されたセダンのなかから、さり気なく高性能なモデルを5車種ピックアップして紹介します。

●マツダ「マツダスピード アテンザ」

流麗なフォルムでハイパワーエンジンを搭載した「マツダスピード アテンザ」
流麗なフォルムでハイパワーエンジンを搭載した「マツダスピード アテンザ」

 現在、マツダのフラッグシップとして販売されている「マツダ6」は、2019年まで「アテンザ」の名で販売されていました。

 初代アテンザは2002年に誕生。ボディタイプは4ドアセダン、5ドアハッチバックセダン、ステーションワゴンをラインナップし、2005年には高性能モデルの「マツダスピード アテンザ」を追加ラインナップします。

 マツダスピード アテンザのエンジンは、272馬力を誇る2.3リッター直列4気筒直噴ターボで、トランスミッションは6速MTが組み合わされ、駆動方式はフルタイム4WDのみです。

 また、高性能なパワートレインに反してボディの加飾は最小限に留められ、スマートな印象です。

 2008年に2代目が登場すると全車自然吸気エンジンとなり、過激な高性能モデルはなくなってしまいました。マツダスピード アテンザは、いまではかなり貴重なモデルといえます。

マツダ・マツダスピードアテンザ の中古車をさがす

●スバル「レガシィB4 2.0GT DIT」

シリーズ最強で最後となってしまった高性能モデル「レガシィB4 2.0GT DIT」
シリーズ最強で最後となってしまった高性能モデル「レガシィB4 2.0GT DIT」

 1989年に誕生したスバル初代「レガシィ」は、トップグレードにパワフルな水平対向4気筒ターボエンジンとフルタイム4WDの組み合わせ、高性能セダン市場をけん引した存在でした。

 その後、初代のコンセプトをキープしたまま、2009年には5代目の「レガシィB4」が登場。北米市場を意識したことでボディの大型化をおこない、高級感もあるセダンへと変貌を遂げました。

 しかし、歴代レガシィと同じく高性能グレードも設定されており、2012年にはシリーズ最強の最高出力300馬力を発揮する2リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載した、「2.0GT DIT」がラインナップされます。

 トランスミッションはリニアトロニック(CVT)を採用し、駆動方式はフルタイム4WDで、走行モードが選択可能な「SI-DRIVE」を標準装備。

 足まわりではビルシュタイン製ダンパーが装着されるなど、さまざまな路面状況でも安定した走りを実現しました。

 しかし、2014年に発売された6代目の国内仕様では、エンジンは175馬力の2.5リッターの自然吸気のみとされ、ハイパワーモデルは消滅。

 その6代目も2020年で国内販売を終了し、現在は「レガシィ アウトバック」のみとなってしまいました。

スバル・レガシィB4 の中古車をさがす

●三菱「ギャランフォルティス ラリーアート」

ほぼランエボといっていい「ギャランフォルティス ラリーアート」
ほぼランエボといっていい「ギャランフォルティス ラリーアート」

 三菱の高性能モデルというと前述のランサーエボリューションですが、2007年に発売された「ランサーエボリューションX」をもって、消滅してしまいました。

 この最後のランサーエボリューションのベースとなったのが、2007年に発売された「ギャランフォルティス」です。

 2008年には、ラリーマシンを源流とするランサーエボリューションとは異なるアプローチの高性能モデル「ギャランフォルティス ラリーアート」が登場。

 搭載されたエンジンはランサーエボリューションXと同様の2リッター直列4気筒ターボで、扱いやすさを重視して最高出力240馬力にデチューンされましたが、十分にパワフルです。

 トランスミッションは「ツインクラッチSST」(DCT)のみで、駆動方式はフロントヘリカルLSD+「ACD」(アクティブセンターディファレンシャル)+リア機械式LSDで構成される、3つの走行モードを選択可能としたフルタイム4WDを採用。これらドライブトレインもランサーエボリューションX譲りでした。

 外観は専用フロントバンパー、ダクト付きのアルミ製ボンネットフード、デュアルマフラーなどが装着されましたが、派手なエアロパーツは控えられています。

 ランサーエボリューションXの存在があったため、ギャランフォルティス ラリーアートは注目されませんでしたが、ジェントルなスポーツセダンとして高く評価されました。

 しかし、2015年にギャランフォルティスは生産を終了。46年も続いたギャランの長い歴史は、幕を閉じました。

三菱・ギャランフォルティス の中古車をさがす

【画像】じつは中身がスゴイんです! 相当な実力のセダンを見る(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 脱皮したセダンの皮を一度見てみたいな。