新型ヴェゼルは見た目だけじゃない! スゴく進化した中身をじっくり検証!

ホンダの新型ヴェゼルは、エクステリアデザインばかりが話題となっていますが、インテリアにはどのような特徴があるのでしょうか。

新型ヴェゼルのインテリアは「ソリッドな上質感」を追求

 国内ではコンパクトSUV市場が盛り上がりを見せていますが、なかでも2021年4月に発売されるホンダの新型「ヴェゼル」にユーザーの関心が集まっています。
 
 そうしたなかで、今回は新型ヴェゼルのインテリアにスポットを当てて紹介します。

新型ヴェゼルは中身が凄く進化した? 新旧で比較するインテリアの違いとは
新型ヴェゼルは中身が凄く進化した? 新旧で比較するインテリアの違いとは

 2021年2月18日にワールドプレミアされた2代目となる新型ヴェゼルのインテリアは、しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルムを重視したSUVの力強さを表現したといい、先代ヴェゼルの曲線的な造形から芯のある直線的なスタイルに変更されています。

 細かく見ていくと、ダッシュボードは左右一直線に貫かれるフラットな形状となっています。

 センターディスプレイの位置は、先代ヴェゼルがインパネに埋め込まれるような配置だったのに対し、新型ヴェゼルでは最近流行りのフローティングタイプに変更され、ディスプレイ位置が上方向に移動したことでドライバーの視線移動を極力少なく配慮されました。

 シフト部分では、先代ヴェゼルのガソリン車がストレート式、ハイブリッド車は小型タイプ(シフトセレクター)となっていましたが、新型ヴェゼルではハイブリッド車(e:HEV)もストレート式に変更されています。

 ステアリング部分では、エアバッグが小型化されたためか中心部が小型化され、ボタン配置も見直されました。

 そのほか、送風口やエアコンパネルでは、金属調のダイヤル式スイッチを採用したことで、操作感と上質感を演出しています。さらに、エアコンの吹き出し口には新開発の「そよ風アウトレット」が採用されました。

 フロントシートにおいて、先代ヴェゼルは、ショルダー部分まで厚みのあるクッションで覆われていましたが、新型ではなで肩形状のシートに改められ乗員を支えるサイドサポートが張り出した形状となっています。

 リアシートでは、エアコン送風口やUSB電源が採用しているほか、背面の厚みを高め、格納式のアームレストを拡大しています。

 ラゲッジスペースは、フラットでスクエアな形状となっており、シートアレンジ次第でさまざまな荷物を積載することができます。

 また、ラゲッジスペースの下側にアンダーフロアボックスが備わり、靴や洗車グッズなど、ちょっとした物を収納するときに便利です。

 バックドアには、「予約クローズ機能付きのハンズフリーアクセスパワーテールゲート」を採用。

 ルーフ部分には、心地よい光を車内に取り入れる「Low-Eガラス」を採用したパノラマルーフを一部グレードに装備。また、天井部には静電タッチ式LEDルームランプを採用しました。

 新採用のパノラマルーフやそよ風アウトレットについて、開発者は次のように説明しています。

「新型ヴェゼルのテーマとして五感に訴える楽しさがあります。そのなかで、オープンカーのような開放感を表現するために、心地よい光を室内に取り入れられるパノラマルーフを採用しました。

 同時にオープンカーで感じる心地よい風を表現するために、新設計のエアコン吹出口としてそよ風アウトレットをフロント左右に配置することで、室内にそよ風のような心地よい風の流れを生み出します」

※ ※ ※

 新型ヴェゼルでは、インテリアの随所に快適に過ごせる機能が追加されたことで、これまでのコンパクトSUVとは異なるプレミアムな空間が実現しているようです。

【画像】クール&ビューティー!? ヴェゼルのインテリアはどう異なる?(47枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ヴェゼルへの入れ込み方がハンパない(笑)
    今回は「エクステリアデザインばかりが話題になっていますが」ときたか。物は言いようやね。
    ポジティブに話題になってるかのように誤認させる表現はどうかと思いますが。