プジョーのMPV「リフター」に上級グレードGTを追加! 人気のパノラミックルーフ標準装備

グループPSAジャパンは、2021年3月1日よりプジョーブランドの人気MPV「リフター」に上級グレードのGTを投入し、新ラインナップへと変更した。

SUVテイストのミニバン

 グループPSAジャパンは、プジョーブランドの人気MPV「リフター」に上級グレード「GT」を投入し、2021年3月1日より新ラインナップへと変更すると発表した。

プジョー「リフター GT」
プジョー「リフター GT」

 リフターは、ミニバンと呼ばれるジャンルでありながら、オフロードに対応する性能とスタイルを併せ持った、SUVテイストで独自の存在感を発揮し人気のモデルだ。

 よりアクティブな走破性のためのグリップコントロールや高い地上高を備え、2008、3008、5008からなるプジョーSUVラインの一角を占めているともいえる存在となっている。

 今回、このリフターに、上級グレードとしてGTを投入した。変更点としては、車体各部のエンブレムがGTに変更され、マルチパノラミックルーフが標準装備となる。

 なお、ローンチ時の導入記念モデルとして発売された「GT Line First Limited(GTライン・ファーストリミテッド)」の販売は、在庫限りで終了予定。

 新たなリフターのグレード構成は、AllureとGTの2グレード。価格(消費税込)は、Allure(アリュール)が339万円、GTが361万円となる。

【画像】新ラインナップとなったプジョー「リフター」を画像で見る (5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント