悪徳中古車屋で横行する「強制オプション」 なぜ表示価格では購入出来ない?

中古車販売店では、中古車サイトや雑誌に掲載される支払い合計では購入出来ず、不必要なオプションに加入しないと「購入させない!」というトラブルが存在するといいます。なぜ、そのような詐欺まがいの行為が存在するのでしょうか。

なぜ合計金額以外に「オプション」が強制されるのか?

 クルマを購入する場合、新車であればメーカー系販売店で購入するのが一般的です。
 
 一方で、中古車となるとメーカー系、中古車販売店、ネットオークション、個人売買など多数の方法が存在しますが、中古車を購入する場合にはどのような部分に気を付けるべきなのでしょうか。

なぜ合計価格と異なる金額となる? 価格の仕組みとは(画像はイメージ)
なぜ合計価格と異なる金額となる? 価格の仕組みとは(画像はイメージ)

 一般的に中古車を検討する場合、大手中古車サイトや雑誌を見て自分の条件にあったクルマを選ぶことがほとんどです。

 サイトや雑誌によって異なるものの、基本的には「メーカー/車種」である程度希望のクルマが定まっている状況で、「価格帯」「年式」「走行距離」「ボディカラー」などの諸条件を絞って探していきます。

 なかでも、中古車を購入するメリットとして挙げられるのが、新車よりも安価に希望のクルマが手に入る可能性があることです。

 そのため、ある程度の予算を決めて探していくと、サイトや雑誌には「本体価格」と「支払い総額/合計価格」といった表記が存在。(販売店によっては本体価格が表記されない場合もあり)

 本体価格とはその名のとおりクルマ本体の金額となり、支払い総額/合計価格は、本体価格に中古車を購入する際に必要な諸経費が含まれた金額です。

 諸経費のなかには、自動車税や自賠責保険、リサイクル料金などの購入時に必要なものが含まれ、店舗によっては本体価格に「法定整備」を含んでいます。

 ここまでは、販売店で中古車を購入する際に当てはまる部分ですが、オプション部分も費用も設定されていることがあります。

 代表的なものでは、大手中古車サイト独自または店舗独自の保証や納車費用などが挙げられます。

 こうした、本体価格+諸経費+オプションの詳細は、見積もり時に明確になり、大手中古車サイトではネット上で見積もり依頼が出来ることから、実店舗に行かずとも気になったクルマの金額が分かるのです。

 しかし、実際に購入しようとする段階になるとその見積もり金額では「売れない!」という販売店も存在するといいますが、なぜ見積もり金額と異なる話になるのでしょうか。

 首都圏で中古車販売店を営むA氏は次のように説明します。

「中古車販売店といっても、ある程度の規模で展開しているところや、個人でやっているところなどさまざまです。

 どちらが良いというのは一概になく、その会社によって良し悪しがあります。

 代表的なトラブルとして、例えば見積もり上の支払い総額が『300万円』だったとしましょう。

 そうすると、基本的にはこの300万円以外の金額は発生しないはずですが、いざ購入の話が進むと『保証』『コーティング』など見積もりに入っていない、不要なオプションを勧められ、人によっては『ウチは保証に入って頂かないと売れない』という発言もあるようです。

 これらのオプションは販売店の直接的な利益に繋がるために、サイトや雑誌などの見た目価格でお客さまを来店させ、店頭でオプションを半ば強制するというやり方が横行しているといえます。

 しかし、保証やコーティングなどはあくまでもオプションになるため、必要なければ拒否することはもちろん可能です。

 こうしたトラブルに遭わないために、そのクルマの相場価格よりも極端に安い状態でサイトや雑誌に掲載されているクルマを避けるというのがひとつです。

 もちろん、企業努力で相場よりも安くしている可能性もありますが、ほとんどの場合にそこは利益に繋がる部分ですので、見た目上安すぎるものには裏があるかもしれないと思っていたほうが後々のトラブルを避けられると思います」

※ ※ ※

 また、国産系正規ディーラーの整備スタッフは次のように話しています。

「他社の中古車販売店で購入されたクルマを整備することはありますが、ちゃんと整備されていないことがあります。

 とくに、お客さまが確認できないオイルなどの量やブレーキパッドの残量などが挙げられます。

 また、先日には電子パーキング搭載車にも関わらず、中古車納車時の整備簿には『サイドブレーキ伸びしろ良し』と記載されていました。

 手動式のサイドブレーキでは無いにも関わらず、その記載には思わず目を疑いました。

 中古車すべてが整備されていないとはいえませんが、気になる人は納車後に正規ディーラーなどで見てもらうのもいいかもしれません」

【画像】中古車は購入前にココを確認! 意外と気づかない部分はドコ?(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. やはりある程度まともな個体選ぶなら『日産』とか『トヨタ』『ホンダ』などメーカ系中古車店が買ったほうが後々安心できると思う。同じ車でほぼ同走行距離、同年式、同装備で片やメーカ直営系統方やガ○バーやネ○ストステージ等とかで後者のほうが車体本体価格が安かったとしても前者選ぶかなって印象を受ける
    理由
    元々その車についているカーマットをOP扱いしたり、コーティング施工車(保証期間内車)なのに勝手にコーティング施工OPセットで付属したりもあるしね。後、点検整備って書いてあって突っ込むとまともにしりごみにして返答出来ない。(要はとても整備と言えることをやってないのを平然と入れて諸々価格が異様に高く尽く。後保証内容がめちゃくちゃ。
    逆にメーカ系は、そのへん等つっこんだ事きいても詳細理由等隠さずちゃんと説明してくれます。
    後メーカ看板背負っているからか整備管理はきちんとしてますし、保障もまともですしね。後々乗っていく上で任せられますからね・・。