実はかなり手間がかかっていた? こだわった作りの車3選

月間2万台以上も売れるクルマは、単純計算すると1日に700台も生産されることになります。一方、海外で多く見られる少量生産のクルマのなかには、受注から3年待ちのようなモデルもありますが、国産車のなかにも凝ったつくりのクルマが存在。そこで、実はこだわって生産されたモデル3車種をピックアップして紹介します。

作りにこだわったクルマを振り返る

 2020年に、日本ではおよそ460万台もの新車が販売されました。単純計算すると1日に1万2000台以上売れており、それだけのクルマが生産されているということです。

 なかでもトップセラーのクルマは月間で2万台以上も販売されますが、これも単純計算すると1日に700台前後が生産されているという驚くべき数字です。

実はかなりこだわってつくられたクルマたち
実はかなりこだわってつくられたクルマたち

 一方海外では、少量生産をおこなっているメーカーも多く、受注から納車まで3年待ちというような完全に手工業といえるメーカーも存在します。

 国産メーカーでは一般的にそうした少量生産をおこなう例は少数ですが、なかにはこだわりをもって作られたクルマもあります。

 そこで、実は凝ったつくりだったモデル3車種をピックアップして紹介します。

●ダイハツ「ミゼットII」

多くの工程がハンドメイドでつくられた「ミゼットII」
多くの工程がハンドメイドでつくられた「ミゼットII」

 1950年代から1960年代の日本は高度成長期に突入し、庶民でもマイカーが夢でなくなるなど、モータリゼーションが一気に開花した時代でもあります。

 そんななか、1957年に誕生した軽3輪トラックのダイハツ「ミゼット」は、個人商店を中心に物流を支えた存在でした。

 その後、一般的な軽トラックや軽バンが普及するとミゼットの役目は終了しましたが、ダイハツは1996年にミゼットのコンセプトを継承した軽トラックの「ミゼットII」を発売。

 ミゼットIIは軽自動車規格のサイズよりも小さいボディで、市街地での機動性を重視した設計となっています。

 外観ではフロントフェイスが特徴的で、スペアタイヤを搭載するフロント部分に丸目2灯のヘッドライトを配置して、初代ミゼットのデザインをオマージュ。

 室内は1シーターのひとり乗り(後に2シーターを追加)で、右ドアの窓だけを開閉可能とするなど割り切り、メーターはスピードメーターと燃料計のみ、パワーステアリングやエアコンも無く快適装備はヒーターだけとするなど、最低限の装備を搭載するに留まっています。

 そのため、ミゼットIIの価格は46万9000円(消費税含まず)からと非常に安価に設定されていました。

 これほどの低価格を実現していながら多くの生産工程がハンドメイドとされ、その目的はベテラン作業員の技術を若い世代に継承することにあったといいます。

 斬新なコンセプトが話題となったミゼットIIですが高度成長期ほどの需要は無く、2001年に生産を終了。これほどまでに個性的な軽商用車は、その後登場していません。

●マツダ「ロードスタークーペ」

オープンのボディに新規のボディパネルを溶接してつくられた「ロードスタークーペ」(画像はタイプS)
オープンのボディに新規のボディパネルを溶接してつくられた「ロードスタークーペ」(画像はタイプS)

 1989年に発売されたユーノス「ロードスター」は、世界的なオープン2シーターブームの火付け役になった偉大なクルマです。

 当初からオープンカーとして設計されていた初代ロードスターは、クローズドボディのクーペも検討されていたといいますが、実際には実現しませんでした。

 そこで、1998年に発売された2代目ロードスターをベースにした「ロードスタークーペ」が2003年に発売され、待望のクーペモデルが限定販売でデビュー。

 ロードスタークーペの生産はマツダの関連会社「マツダE&T」が担当し、ベースとなるシャシや、流用できる部品を抜き取ってマツダE&Tに搬入し、組み立てがおこなわれました。

 実際の生産ではロードスターのシャシに、専用にプレス型を製作したスチール製のルーフやリアフェンダーなどを手作業で溶接し、懸念された重量増は10kgほどに抑えられています。

 外観は流麗なフォルムのファストバックスタイルで、スタンダードモデル以外に異なる意匠の3タイプを用意。エンジンやトランスミッションはベースから変更されていません。

 なお、オープンカーをベースにクーペを製造する手法は珍しくなく、かつての英国製スポーツカーや、ポルシェ「ケイマン」、BMW「Z3クーペ」などが存在します。

ダイハツ・ミゼットII の中古車をさがす

マツダ・ロードスタークーペ の中古車をさがす

【画像】ある意味よくぞ作った! こだわり満載のクルマを見る(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 年間2万台ですと1日70台です。
    案外少ないですね。