「あなたはいつ給油しますか?」 ガス欠ギリ派と定量派、異なる給油の実情

クルマを乗る際に欠かせないのが「給油」です。人によってエンプティランプが点灯してから給油する人や、少し減ったら給油する人などバラバラですが、実際には給油するタイミングによりどのような影響があるのでしょうか。

給油のベストタイミングってあるの?

 高速道路に乗る前に、ガス欠を起こさないために満タンに給油をする人は多いと思います。
 
 そういった場合を除いて、一般道を走っているときにはどのタイミングで給油したら良いのでしょうか。

エンプティランプ(給油ランプ)が点灯してから給油する人もどれくらい存在する?
エンプティランプ(給油ランプ)が点灯してから給油する人もどれくらい存在する?

 ソニー損保は1000名を対象に「全国カーライフ実態調査2020年」を実施しました。

 その調査で、どのタイミングでガソリンを入れることが多いかという質問に対し、「少しでも減ったら」は3.6%、「残量が3/4以下になったら」は7.4%、「残量が半分以下になったら」は24.7%、「残量が1/4以下になったら」は50.9%「警告灯がついたら」は13.4%となり、残量が少なくなってからが半数近くを占めています。

 また、どれくらいの量を入れることが多いかという質問については、「満タンまで入れる」は75.1%という数値に対し、「一定の金額分を入れる」は20.0%、「一定の量を入れる(残量にかかわらず)」は4.0%、「残量が一定の量になるように入れる」は0.9%という結果です。

 そのなかで、一定額、一定量入れる場合の金額や量について「2000円から3000円未満」で入れる人が40.5%となっており、理由については、「ちょうど良い量になるから」「満タン近くになるから」といった声があがっています。

 実際に給油のベストタイミングについて、首都圏のガソリンスタンドのスタッフは次のように説明します。

「満タンに近い状態で走っていても、少ない状態で走っていても、燃費はほぼ変わらないといわれています。

 また、給油をして古いガソリンと新しいガソリンが混じることもとくに問題がなく、どのタイミングで給油しても問題ないです。

 ガス欠にさえならなければ、それぞれの都合が良いタイミングで良いと思います」

 一方で、複数の地域でガソリンスタンドの勤務経験のある男性は、以下のように話します。

「給油のタイミングというのは、その人のクルマの使い方、好きなタイミングでというのもありますが、環境によって左右されることが多いと思います。

 とくに田舎はガソリンスタンドが比較的少なく、地域によっては年々減っているという話も聞きます。

 そういった環境で生活していると、残量を基準にした給油よりも、ガソリンスタンドに寄れるタイミングで給油をしなければならない、という人もいます。

 もし自由に好きなタイミングで給油をできるのであれば、ガソリンスタンド独自のキャンペーンや、レディースデー、ポイントを貯められるサービスをしている時があるので、そのキャンペーンにあわせて給油をすると、メリットがあります」

※ ※ ※

 実際のガソリンスタンドでは、給油金額により商品やギフト券が当たるキャンペーンや、ティッシュペーパーやトイレットペーパーが貰えるサービスなど給油プラスαを展開する店舗も多いといいます。

 前述の「全国カーライフ実態調査」においても、ガソリンを「一定の量を入れる」ことが多い人の理由に、「15リットルごとにクーポンがもらえるから」、「ポイントを多くもらいたいから」といった声が存在。

 キャンペーンやポイントが貯まるよう調整してガソリンスタンドを利用している人がいるということが分かります。

【画像】給油口の中身ってこうなってるの!? 意外な構造を見る!(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ランプがついた時点で
    残りはどのくらいあるのですか?

    • 車によって違います! 2~3リットルから5リットル位。取説に書いてあるので調べて見てください。