ロータス「エリーゼ」「エキシージ」に最強のファイナルエディションが登場!

ロータス「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産終了に合わせて、エリーゼとエキシージのファイナルエディションが発表された。有終の美を飾るのに相応しい仕様のファイナルエディションの価格と仕様を解説する。

25年の歴史のフィナーレを飾る「エリーゼ」

 ロータスカーズは、「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産終了を決定。これに合わせてエリーゼとエキシージのファイナルエディションが発表された。

「エリーゼ」と「エキシージ」に、有終の美を飾るファイナルエディションが発表された
「エリーゼ」と「エキシージ」に、有終の美を飾るファイナルエディションが発表された

 日本で発売されるファイナルエディションとそれぞれの価格(消費税込)は、次のとおりだ。

・「エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション」:777万7000円
・「エキシージ スポーツ390ファイナルエディション」:1177万円
・「エキシージ スポーツ420ファイナルエディション」:1397万円

 今回、「エリーゼカップ250ファイナルエディション」「エキシージカップ430ファイナルエディション」の日本導入はない。

●ロータス エリーゼ スポーツ240ファイナルエディション

 エリーゼにとって2021年は生産開始から25周年の節目と年でもある。ファイナルエディションには、インテリア・エクステリアともに大きな変化が見られる。

 最大の変更点は、ふたつのスクリーンから選択できる新たなTFTデジタルダッシュボードの採用だ。ひとつは従来のダイヤルセットを備え、もうひとつはデジタルのスピードメーターとタコメーターを備えたレースカースタイルとなる。

 ステアリングホイールも本革とアルカンターラを用いた新デザインとなった。身長の高いドライバーでも乗降しやすいように、フラットボトムのデザインを採用している。

 また、すべての車両にファイナルエディションのビルドプレートが備わり、新しいシートトリムとステッチパターンとなっている。

 ボディ色には、エリーゼの歴史が感じられる象徴的な色が選ばれている。1996年当時、初めてお披露目された最初の生産車両に用いられたアズールブルー、「Autobytel Lotus Elise Championship race series」を成功させたときのモータースポーツ部門のブランドカラーであるブラック、1995年のフランクフルトモーターショーでお披露目されたショーカーへのオマージュであるレーシンググリーンといったボディカラーだ。

 エンジンは1.8リッター4気筒スーパーチャージャーをリアミッドに搭載し、最高出力は「エリーゼ スポーツ220」から23psアップの243ps、最大トルク244Nmを発揮し、0-100km/h加速は4.5秒を実現した。実質的なエリーゼ スポーツ220の後継モデルである。

 ホイールはエリーゼ スポーツ220の標準ホイールよりも、1本あたり0.5kg軽量となる10スポークアンスラサイト軽量鍛造アルミホイールを標準装備。サイズはフロント6J×16インチ、リア8J×17インチだ。これに組み合わされるタイヤは、ヨコハマAdvan Sport V105(フロント195/50R16、リア225/45R)である。

 さらに、オプションのカーボンフロントアクセスパネル/カーボンテールゲート/カーボンシルカバーなどのカーボンパネル、リチウムイオンバッテリー、ポリカーボネート製リアウインドウにより、さらなる軽量化も実現可能だ。これらの軽量オプションをすべて選択することにより、車両重量は922kgから898kgまでダイエット可能だ。

【画像】本当に最後の「エリーゼ」と「エキシージ」の勇姿を見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント