メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」日本上陸! 7代目に進化したメルセデスの旗艦モデル

メルセデス・ベンツ日本は2021年1月28日、フラッグシップとなる新型「Sクラス」を発表、発売した。

全グレード四輪駆動の4マティックとリア操舵を採用

 メルセデス・ベンツ日本は2021年1月28日、フラッグシップとなる新型「Sクラス」を発表、発売した。

メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」の走り
メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」の走り

 Sクラスは、世界の自動車の指標とされてきたメルセデスのFセグメント旗艦モデルで、今回日本上陸するW223型で7代目になる。先代は2013年に発表され、累計販売台数は世界で50万台を超え「もっとも選ばれているラグジュアリーセダン」のひとつとなった。

 今回8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型Sクラスは、「Sensual Purity(官能的純粋)を追求したデザイン」「人間中心の最新技術」「安全性のさらなる追求」など、現代に求められるラグジュアリーを再定義、その充実を図った意欲的なモデルとなる。

 エクステリアではラインやエッジを大幅に削減。曲線を描く彫刻的な面により特殊な陰影を生み出している。

 フロントエンドのヘッドライトは、Sクラスならではの3点が光るデイタイムランニングライトを備えており、エッジを効いたクールなデザインになっている。また伝統の「スリーポインテッドスター」が輝くボンネットマスコットを採用している。

 また前面投影面積が拡大したにもかかわらず、Cd値は最小で0.22とすることで、世界最高水準のエアロダイナミクスを実現しており、省燃費性能も追求されている。
 
 インテリアは、最新のラグジュアリーを再定義する、デジタルとアナログの調和を図っている。センターコンソール上部には12.8インチの縦型有機ELメディアディスプレイを採用。多くの機能を集約することでスイッチ類を減らし、クリーンな印象に仕上がっている。

メルセデス・ベンツ新型「S500 4MATIC」のインパネ
メルセデス・ベンツ新型「S500 4MATIC」のインパネ

 12.3インチのワイドディスプレイを採用するインストゥルメントクラスターは、速度計などの表示が立体的に見える3Dコックピットディスプレイを採用。これはドライバーの左右それぞれを追跡する2つのカメラにより、視線が動いた場合ディスプレイに映る映像を連続的に変化させることで、特殊なメガネを使用せずに常にドライバーに3D映像を見せることが可能になった。4つの表示スタイル(ジェントル/スポーティ/エクスクルーシブ/クラシック)と3つのモード(ナビゲーション/アシスト/サービス)のなかから選択し、カスタマイズが可能だ。

 Sクラスは従来から徹底した遮音対策をおこなってきたが、新型ではさらなる静かさを追求するため、ボディシェルの一部に遮音発泡材を採用。これによりボディ構造内の遮音性能が大幅に改善されている。またファイアウオール遮音材をAピラーの側面やフロア部まで延長した。

 室内を彩るアンビエントライトも大幅に改良。LED光源の数は先代の40個から標準ボディで247個、ロングボディで263個となり、1平方メートルあたり最大200カンデラと先代比で10倍の明るさになっている。また64色から選択が可能だ。

 また世界ではじめて助手席の機能に影響を与えない後席左右のSRSリアエアバッグを搭載、後席乗員の安全性向上を図っている。このエアバッグは前席シートバックの裏側に格納されており、SRSベルトバッグおよび座面全部を跳ね上げることで前面衝突時の乗員の滑り込みを防ぐクッションエアバッグと組み合わせることで、一層後席の安全性を高めている。

 新型Sクラスは、ドライバーの顔、指紋、声のいずれかの生態認証、またはPINコードによる計4種類の認証が可能。どれか一種類の認証により、シートやステアリング、サイドミラーのポジションやコックピットディスプレイの表示スタイル、などを統合して読み込むことができる。

 また世界で初めて、AR(仮想現実)ナビゲーションを有機ELディスプレイだけでなく、フロントウインドウに投影するシステムをメーカー純正オプションで選択することができる。目的地を設定すると地図上に進むべき道路がハイライトされるが、新型Sクラスでは車両前面に広がる現実の景色がナビ画面の一部に映し出され、進むべき道路に矢印が表示される。さらにフロントウインドウのヘッドアップディスプレイ上には、進むべき道路が約10m先の景色に重ねて矢印で表示される。

【画像】ついに日本上陸! メルセデス新型「Sクラス」を画像でチェック!(38枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント