「アルファードじゃないとダメ?」トヨタ高級車はなぜ強い? 高級SUV「ハリアー」も爆売れの訳とは

日本自動車販売協会連合会が発表する近年の登録車販売台数ランキングのなかで、トヨタ「アルファード」と「ハリアー」は高級モデルであるにも関わらず、車両価格100万円台の安価なモデルよりも売れています。人気の要因とはいったい何でしょうか。

ランキング上位10車種のうちトヨタ車は平均7.08台

 日本自動車販売協会連合会が発表する近年の登録車販売台数ランキングでは、トヨタ車の好調ぶりが目立ちますが、なかでも特異な存在といえるのが「アルファード」と「ハリアー」です。

 ランキング上位のほかのトヨタ車と比べて、どのような点が特徴的なのでしょうか。また、好調な要因とはいったい何でしょうか。

国産高級ミニバンのトヨタ「アルファード」
国産高級ミニバンのトヨタ「アルファード」

 日本自動車販売協会連合会が発表する2020年1月から12月までの登録車販売台数ランキングを見ると、上位10位にランクインしたトヨタ車の各月平均車種数は約7.08車種。

 平均車種数がトヨタに次いで多いのはホンダの約1.75車種で、3位が日産の1.17車種となります。

 国内主要自動車メーカー8社のなかでトヨタの車種数が多いことを考慮したとしても、他メーカーを圧倒しているといえるでしょう。

 そんななか、ランキング上位のトヨタ車のなかで特異な存在といえるのが「アルファード」と「ハリアー」です。

 ほかのランキング上位のトヨタ車とは異なり、かなり高級なモデルであるにも関わらず、安価なトヨタ車以上に売れている点が特徴となります。

 アルファードは3代目となる現行モデルが2015年1月に登場。エントリーグレードでも350万円を超え、最上級グレードは700万円台後半に達する高級ミニバンとして知られています。

 現在発売から7年目に突入しましたが、2020年中に人気は衰えずむしろ加速しており、2020年4月以降はランキングトップ10の常連となっています。

 一方、都会派高級SUVのハリアーは、4代目となる現行モデルが2020年6月に登場。

 エントリーグレードの車両価格は300万円をわずかに切る設定で、トヨタのSUVのエントリーグレード同士の価格で比較すると、「RAV4」以上「ランドクルーザープラド」以下というポジションに位置づけられます。

 ハリアーも、現行モデルの発売翌月となる7月以降はトップ10の常連となり、直近の2020年12月のランキングを見ると、5位のアルファード(販売台数7962台)を僅差で上回って4位(販売台数8128台)という結果となっています。

【画像】存在感「アルファード超え」!? 爆売れ続くトヨタ高級SUV「ハリアー」を画像で見る(38枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント