高級スポーツセダン登場!? トヨタ新型「ミライ」にカスタム仕様を設定する理由とは

トヨタの燃料電池車「ミライ」をベースにしたモデリスタ仕様が特設サイト上で2021年1月15日に公開されました。どのような特徴があるのでしょうか。

超絶ラグジュアリーな新型ミライのモデリスタ仕様をお披露目!

 トヨタが2020年12月9日に発売した燃料電池車(FCV)の新型「ミライ」。2代目となる新型ミライでは、先代よりもスポーティなスタイルに変貌を遂げています。
 
 なかでも、トヨタの純正カスタマイズブランドとなるモデリスタでは、新型ミライをさらにスポーティかつラグジュアリーに仕上げるカスタマイズパーツが登場してますが、どのような特徴があるのでしょうか。

FCV向けに初めて設定されたモデリスタパーツ。 新型ミライのスポーティなスタイリングにマッチした高級感を演出。
FCV向けに初めて設定されたモデリスタパーツ。 新型ミライのスポーティなスタイリングにマッチした高級感を演出。

 モデリスタが展開する新型ミライ用のカスタマイズパーツは、FCV向けとして初めての設定となります。

 エアロパーツは、モデリスタならではのデザインである流麗かつラグジュアリーなスタイリングを表現。

 また、新型ミライが持つ環境・先進技術の性能を損なわないよう、CFD(数値流体力学)解析による基礎空力検討により、エアロパーツ形状の最適化することで、デザイン性と機能性の両立を実現しています。

 フロント/サイド/リアに装着されるエアロパーツについて、モデリスタの担当者は、次のように話します。

「新型ミライは、プレスラインがゴツゴツしたデザインではないので、そのスタイルに合うようにデザインしつつ、『代わり映え感』を強調する工夫をしています。

 その方法は、純正と同じようなメッキ加飾に加えて、センター部分にボディカラーと同色の部分を配置して、視覚的に重心を下げることで、フロントのワイド感を強調しています。

 サイドスカートは、フロントからリアに向かって収束していくメッキ加飾に対して、ブラックアウト表現によって、伸びやかなサイドスタイリングを実現しており、FRっぽさを表現したデザインになっています。

 リアにはフロント、サイド、リアへと、煌びやかなメッキ加飾の輝きが後方へと走り抜けていくイメージです。

『リヤバンパーガーニッシュ』を装着することで、視覚的な重心を下げる効果があります」

※ ※ ※

 これらのエアロパーツに加え、「ミラーガーニッシュ」と「ドアハンドルガーニッシュ」というメッキ加飾が上質でスポーティなスタイリングを演出しています。

 なお、環境性能に重点をおいたFCVにおいて、エアロパーツを設定する理由について、前出の担当者は次のように説明しています。

「なぜミライにエアロパーツを設定するかというと、かつて『プリウス』でもカスタマイズの需要は高かったこともあり、ミライでもカスタマイズしたいという人と考えたことが要因です。

 現在では、FCVの購入ハードルは高いと思いますが、EVを含めた電動車が主流となった時代でも『格好良くしたい』という需要はあると思います。

 また、新型ミライではベースのスタイリング自体がスポーティだったこともあり、今回は設定しました」

※ ※ ※

 なお、今回お披露目された新型ミライのモデリスタ仕様は、オートサロンで展示するためにラッピングされたカラーリングだといい、純正ボディカラーとは異なります。

 しかし、このマッドブルーのラッピングとエアロパーツにより、ベースとなる新型ミライよりも上質な世界観を演出していました。

トヨタ・MIRAI のカタログ情報を見る

【画像】これはカッコイイ! 新型ミライのエアロ仕様の全貌を見る!(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント