欧州No.1コンパクトSUV ルノー新型「キャプチャー」2月に日本上陸決定! 特設ページが公開

ルノー・ジャポンは2021年1月14日、ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」をフルモデルチェンジし、2月上旬に日本に導入すると発表。同時に、新型キャプチャーの魅力を伝える特設ページが公開された。

新型「ルーテシア」に続き新世代プラットフォーム「CMF-B」を採用

 ルノー・ジャポンは2021年1月14日、ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」をフルモデルチェンジし、2月上旬に日本へ導入すると発表。同時に、新型キャプチャーの魅力を伝える特設ページが公開された。

ルノー新型「キャプチャー」
ルノー新型「キャプチャー」

 初のフルモデルチェンジを受け2代目となる新型キャプチャーには、ルノー日産三菱アライアンスが開発した新世代CMF-Bプラットフォームが、新型「ルーテシア」に続き採用された。スリーサイズは全長4228mm×全幅1797mm×全高1566mm、ホイールベース2639mm(欧州仕様)と、現行型より93mm全長が長く、17mm幅が広く、19mm車高が低められている。またホイールベースは34mm延長された。

 2020年に日本発売となった新型ルーテシアと同様に、クラスの常識を超えた上位モデルの質感や走り、快適性を兼ね備えていることが特徴で、360度カメラや、アダプティブクルーズコントロールをはじめとする先進の運転支援システム(ADAS)を装備している。

 初代キャプチャーは2013年に登場して以来、ヨーロッパではこのクラスのベストセラーSUVとなる人気モデルで、世界90か国以上で累計150万台以上が販売された。

 なお、1月14日より、ルノー・ジャポンオフィシャルウェブサイト内に、新型キャプチャーの魅力を伝える特設ページが公開されている。

ルノー・キャプチャー のカタログ情報を見る

【画像】まもなく日本上陸! ルノー新型「キャプチャー」はどう進化?(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント