【希少】たった43台のみのフェラーリが1350万円!! MTの「612スカリエッティ」は狙い目!

ケン・オクヤマことデザイナー奥山清行氏が、ピニンファリーナ在籍時代にスタイリングを手掛けたフェラーリ「612スカリエッティ」。日本にはF1マチックのみが正規輸入されたが、MT仕様が43台のみ存在するという。そのMT仕様の612のオークション落札価格はどれほどであろうか。

「バーグマン・クーペ」を再解釈した「612スカリエッティ」

 2003年に、フェラーリが新世代の2+2GT「612スカリエッティ」を発表した時、誰もがその美しさに魅了されたに違いない。

●2005 フェラーリ「612スカリエッティ」

43台のみしか生産されなかったというフェラーリ「612スカリエッティ」のMT仕様(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's
43台のみしか生産されなかったというフェラーリ「612スカリエッティ」のMT仕様(C)2020 Courtesy of RM Sotheby's

 ネーミングに掲げられる「612」という数字は、実際に搭載されるエンジンの排気量や気筒数とはまったく関係がなく、むしろかつて隆盛を誇った「612 Can-Am」などのイメージを、このニューモデルに託したのだとも考えられる。

 なぜならこの612スカリエッティは、これまでの2+2GTと同様に、アメリカがメイン・マーケットであったからだ。

 612に続く「スカリエッティ」は、現在はフェラーリの子会社となったカロッツェリア・スカリエッティを率いた、セルジオ・スカリエッティの名前に因んでいる。

 612スカリエッティのスタイリングは、現在でももちろん美しく、魅力的なクーペ・スタイルである。スタイリングを担当したのはピニンファリーナだ。

 最新のエアロダイナミクスを得ながら、映画監督のロベルト・ロッセリーニが女優イングリット・バーグマンに贈った、通称「バーグマン・クーペ」のスタイルを見事に現代化して復活させている。

 フロントフェンダーのホイールアーチ後方に始まり、ドアパネルにまで続くパネル面の造形は、612スカリエッティとバーグマン・クーペのスタイリングにおいて最大の特徴であり、コンパクトな縦長スタイルのヘッドランプもまた同様である。その仕事は実に素晴らしい結果を生んだといってよいだろう。

 ちなみにバーグマン・クーペとは、ピニンファリーナがかつて作り上げた「375MM」のワンオフモデルである。

【画像】世界に43台しかないフェラーリ「612スカリエッティ」をチェック!(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント