ゴツSUV仕様のダイハツ新型「タフト」世界初公開! バーチャルオートサロン2021出展と連動

ダイハツは2020年12月25日、「ダイハツ カスタマイズカー特設サイト」を公開し、順次コンテンツを更新すると発表しました。

コンセプトは、「ダイハツヴィレッジ カラフルカーニバル ~新しい楽しみ方、見つけちゃおう~」

 ダイハツは、「ダイハツ カスタマイズカー特設サイト」を2020年12月25日に公開。順次コンテンツを更新することで、カスタマイズカーで拡がる「新しい楽しみ方」を、2021年1月15日から公開される「バーチャルオートサロン2021」への出展と併せて提案すると発表しました。

ダイハツ「タフト クロスフィールドVer.」
ダイハツ「タフト クロスフィールドVer.」

 特設サイトは「ダイハツヴィレッジ カラフルカーニバル ~新しい楽しみ方、見つけちゃおう~」をコンセプトに、ダイハツのスモールカーをベースにした5台のカスタマイズカーをさまざまなコンテンツを通じて提案する内容となっています。

 そして、これらのカスタマイズカーが活かされるさまざまなシーンを、YouTuberやインスタグラマー協力のもと、映像やイラストで紹介することで、クルマを通じて拡がる「新しい楽しみ方」を自宅のPCやスマホで体感することが可能です。

 具体的には、イラストと実車による「ダイハツヴィレッジ ショートショートストーリー」や、「だいはつのもり保育園」、園児の協力を得た「走るカスタマイズカー塗り絵」や、これまでダイハツが制作してきたカスタマイズカーを紹介する「ダイハツ カスタマイズカー博物館」、プロレーサーによる「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.サーキット走行チャレンジ企画」や、人気Youtuberによる「カスタマイズカーレビュー」などのさまざまなコンテンツが用意されます。

 さらに初の試みとして、ダイハツ本社から「YouTube LIVEカスタマイズカー紹介」を実施。人気芸人のゲスト出演や、開発者によるここだけの裏話など、色とりどりのカスタマイズカーを、オンラインならではの発信を通じて、幅広いユーザーに認知してもらうことを目指します。

 現在サイトに公開されているカスタマイズカーは、以下のとおりです。

・今年、発売60周年を迎えた軽商用車「ハイゼット」をベースに、2代目ハイゼットキャブをオマージュした「ハイゼット ジャンボ キャンパーVer.」

・同じく軽商用車「ハイゼット」 をベースに、果樹園で実際に改造して使われている「屋根を切った」軽トラックから着想を得て、レース仕様にカスタマイズした「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」

・軽オープンスポーツカー「コペン」をベースに、運転する楽しみをより感じられるようなカタチを目指した「コペン スパイダーVer.」

・軽クロスオーバー「タフト」をベースに、オフロード志向を高めた「タフト クロスフィールドVer.」

・小型乗用車「トール」をベースに、トールの持つキャラクターをより際立たせた「トール プレミアムVer.with D-sport 」

ダイハツ・タフト のカタログ情報を見る

ダイハツ・ハイゼットカーゴ のカタログ情報を見る

ダイハツ・コペン のカタログ情報を見る

【画像】ダイハツが提案するカスタマイズ!「ダイハツ カスタマイズカー特設サイト」を見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ダイハツ画像10枚とありましたが、探しても判りません