日産の売れ筋ミニバン「セレナ」はe-POWERがウリ! 中古車相場はどれくらい?

日産の人気ミニバン「セレナ」は、同社を支える重要なモデルです。そんなセレナの特徴を詳しく解説。査定するときのポイントや中古車相場についても紹介します。

日産「セレナ」ってどんなクルマ?

 日産「セレナ」は、同社を代表するミドルサイズミニバンです。

 日本自動車販売協会連合会が発表した2020年11月の販売状況では、4433台を登録して登録車全体の14位にランクイン。日産車のなかではトップの売り上げとなりました。

日産「セレナ e-POWER」(2019年8月マイナーチェンジ)
日産「セレナ e-POWER」(2019年8月マイナーチェンジ)

 通常時であればコンパクトカー「ノート」の販売のほうが多いのですが、ノートは12月にフルモデルチェンジをするため、現行モデルの登録が減少。セレナが日産トップに躍り出たというわけです。

 ちなみに、2020年4月から9月の6か月間の実績は、ノートが3万1085で登録ランキング9位、セレナが3万135台で同10位となっており、セレナは日産を支える重要なモデルであることに変わりはありません。

 日産の売れ筋ミニバン、セレナとはどのようなモデルなのでしょうか。

 現行モデルは2016年に登場した5代目モデルで、2019年8月にはマイナーチェンジを実施しています。

 グレードは、標準モデル、スポーティな「ハイウェイスター」、カスタムモデルの「AUTECH」があり、それぞれにスマートシンプルハイブリッド車(S-HYBRID)と、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したモデルを用意。

 2018年2月に追加されたe-POWERは、エンジンで発電した電力でモーターを駆動させるシリーズハイブリッド方式を採用しています。

 電気自動車「リーフ」のノウハウを注入し、100%モーター駆動ならではの力強くレスポンスの良い加速を実現するとともに、車速に応じたエンジン回転制御とボディの随所に防音対策を施すことにより、クラスを超えた高い静粛性を実現しました。

 その結果、セレナではe-POWERが高い支持を得ているといいます。

 駆動方式については、e-POWERは2WDのみですが、S-HYBRIDは2WDと4WDを設定。乗車人数は、e-POWERが7人乗り、S-HYBRIDが8人乗りです。さらに福祉車両などもラインナップされています。

 また、運転支援技術「プロパイロット」や「全方位運転支援システム」を搭載するなど、先進安全装備も充実しています。

※ ※ ※

 セレナのライバル車としては、トヨタ「ヴォクシー」「ノア」、ホンダ「ステップワゴン」など、各メーカーで人気の高いミニバンがあげられます。

【画像】車中泊できる2列シートの日産「セレナ」が存在!?(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント