報道過熱「脱ガソリン車」は何が正しい? エコだけじゃない日本が抱えるエネルギー問題とは

連日、政府の「2035年をめどに内燃機関車の販売を規制」や東京都の「2030年までに内燃機関車の販売を規制」など、脱ガソリン車に向けた報道が過熱しています。しかし、それぞれのメディアでは純粋なガソリン車(ディーゼル車)とハイブリッド車の定義が曖昧で、かえってユーザーを困惑させているのが現状です。また、なぜ日本政府や東京都は「脱ガソリン車化」を急激に推進する舵を切ったのでしょうか。

世界中で加速する「脱ガソリン車化」、日本は舵を切った

 ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、そして電気自動車といった「電動車」は決して特別な乗り物ではなく、ごく一般的なものになりつつあります。
 
 一方で、日本あるいは世界全体で見れば、まだガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載した内燃機関車が多いのも事実です。
 
 しかし、最近、政府が年内にも2035年をめどに内燃機関車の販売を規制するという報道がなされ、さらにその後、東京都が国よりも5年前倒しをして2030年までに内燃機関車の販売を規制するとして、多くの関係者が騒然としました。

脱ガソリン車問題。日本政府の本当の狙いとはなんなのでしょうか。
脱ガソリン車問題。日本政府の本当の狙いとはなんなのでしょうか。

 ただ、こうした流れは突然始まったわけではありません。欧米の各国、そして世界一の新車販売市場である中国など、各地域で2030年から2050年をめどに「脱ガソリン車化」を推進する政策が発表されています。つまり、脱ガソリン車化は世界的なトレンドであるといえます。

 こうした規制をクリアするためには、電気自動車をはじめとする電動車を販売しなければなりません。したがって、「脱ガソリン車化」は「クルマの電動化」と読み替えることができます。

 しかし、ここで注意しなければならないのは、ガソリン車でもなくEVでもないクルマが存在するということです。

 ハイブリッド車がそのもっともわかりやすい例ですが、ハイブリッド車のなかにも、よりガソリン車に近いものやより電気自動車に近いものがあります。

「電動車」というあいまいな表現のなかに、ハイブリッド車を含めるかどうかで「脱ガソリン車化」の難易度は大きく変わります。

 各メディアによる「脱ガソリン車化」の報道を見ると、「ガソリン車」や「電動車」といった言葉の定義が定まってないように見える例もあります。

 一方、自動車専門メディアは、「電動車」の定義、言い換えれば、クルマの機構的な部分の違いをことさらに強調する傾向があるようにも感じます。

 ただ、いずれにせよ「脱ガソリン車化」の問題を的確に捉えているとはいえません。

 この問題は、狭義のクルマの話ではなく、さまざまな事情がからみあっているからです。さらにいえば、ガソリン車規制を推進する各国が、ひとつの目的で動いているわけではないからです。

 とはいえ、少なくとも日本においては、将来的にガソリン車が消えることは疑いようはありません。ただ、それはいまクルマに乗っている世代が、もはやこの世にいない頃かもしれません。

【画像】脱ガソリン車、課題は多い。 一連の報道を画像で見る!(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 無縁ガソリンは難しい?

  2. ハイブリッド車はガソリンで動きますけど??トヨタさまが一番沢山売ってるから、ガソリン車じゃないんだって

  3. 石油の話しなのにLNGタンカーの写真なんだけど・・・
    こういう初歩的間違いは「ロクに調べもしないで書いている」
    という疑念を抱かせて、肝心の記事の信憑性を失わせるものです。

  4.  まあ、表向きの事象しかとらえられてない一般論の内容でしかない記事ですが、
    それだけでもそう簡単にカーボンフリー化は容易ではない事は判るでしょうけど。
     自らが運転する事なんてないであろう政治家達に考えた方針で自動車の未来が左右される事に、
    意義を唱えずにはいられないです。
     トレンドだからで片付けられる問題じゃないし、
    かつてのディーゼル規制の様にガソリン車を安直に悪者にして、
    供給電源自体の脱炭素化してこその電動化でなくては意味がないという
    根本的問題から目を逸らす様ではいけない。
     また100年以上培って進歩し続けてきた内燃機関の技術を放棄して、
    100年たっても根本的な部分での問題をブレークスルーしきれていない蓄電池に頼って本当に大丈夫かと
    疑問を抱かずにはいられないし、
    そう言った点に踏み込まずに安易なガソリン車販売規制を掲げる政治主導こそ、
    玉虫色の曖昧な宣言であり、
    これこそ羊頭狗肉と言わざるを得ない。

  5. 電気作るエネルギーは100%自給できるつもりなのかね?ソーラーパネルだって材料輸入品じゃないか?

    • ソーラーパネルは(特に一般的なシリコンパネルのもの)
      材料のみではなくシリコンパネル製造時に掛かる電力消費量も馬鹿にならないのは意外と知られていない。
      その大半を火力発電で補ってる様では、国内生産でも実は輸入に頼ってるのと同じだし、
      本当の脱炭素への切り札にはなり得ない。
      ソーラーパネルは製造時に食った電力の元を取るのに数年は掛かるのが普通だと見識者は言ってますが、
      不都合な真実なので表立って言われてないのよね、
      実際は割に合わないのが現状だからあまり普及促進されてないんでしょう。

  6. 世界各国が「エコ」だけを目的に「脱ガソリン車化」を進めているわけではありません。
    そうですね、政治的「エゴ」で「脱ガソリン車化」を謳ってる様に思えますね。

  7. いずれは脱ガソリンしていくんだろうけど、2030年ではあり得ません。
    もしやる気があるなら、内燃機関の研究開発などとっくに投げ捨ててないといけないし、現行車種はすべてディスコンになってないといけない。
    せいぜい税金が1.5倍になるとかその程度でしょう。

  8. 電池の性能が現状より数割上がった程度では一般消費者は多分買わない(買えない)。
    そして今のLi-ion電池はもうその程度しか伸び代はない。
    期待の全個体電池も本格量産までは10年以上先の話し。電動化規制に間に合うかどうか。
    CO²排出に目を瞑れば、ICEはメタンハイドレートがリーズナブルに汲み上げられるようになれば、100年先まで延命できる。(CO²が温暖化の原因ではないという証拠が上がらなければ難しいだろうけど)
    何にしろLi-ion電動車は時代の徒花に終わるよ。それを見越してのトヨタの電池開発やFCVだろうし。

  9. いや、「健康寿命」が長いから「エコの論理」は当てはまらないってのは、、、支離滅裂で論理として成り立ってもいないだろ?