スバル新型「レヴォーグ」は普通の国産車と全然違う! 乗ってわかった3つの驚き

渋滞時のハンズオフ走行を高速道路で試す

 走り出して50mで新型レヴォーグの持ち味がわかってしまったので、もう試乗は十分だと思ったけれど、そういえばグランドツーリングを試そうと考えていたのでした。

 首都高に乗り、「アイサイトX」の機能である渋滞でのハンズフリーを味わう。クルーズコントロールをセットすると、先行車を追従してくれる。もちろんハンドルを操作する必要なし。いつでもハンドルを握れる状態なら手放し運転OKです。

スバル新型「レヴォーグ」
スバル新型「レヴォーグ」

 これまでの追従クルコンと違うのは、圧倒的な車線トレース精度の高さと(日産の「プロパイロット2.0」と好勝負)、先行車が停止してから再スタートも自動的におこなってくれることです。

 渋滞に遭遇したら、ドライバーは前を見えているだけでよい。よそ見したり居眠りしたら数度の警告の後、ハンズフリーが出来なくなります(それでも操作しなければ自動で緊急停止する)。

 悲しいかな、休日のドライブと渋滞はセットになっているケースが多い。平日でも通勤時間帯は激しい渋滞に見舞われますが、渋滞はクルマに乗っていて一番楽しくない状況だと思う。

 また、100km/hの巡航だって退屈です。そんなときはクルコンをセットし、ハンドルに触っているだけで(新型レヴォーグはタッチセンサー)車線をトレースしてくれる。

 一番意外だったのがレーンチェンジアシストです。「車線変更くらい自分でするよ!」と思っていたけれど、試してみたら至極便利。

 ウインカー操作するだけで安全確認からハンドル操作、ウインカーを戻すまで、すべてレヴォーグ君がやってくれるのです。

 人間は車線変更したいほうのウインカーレバーを操作するだけ。しかもセンサーを使うため。安全確認はドライバーより確実です。

 もうひとつの「凄くいいね!」は、ZF製ダンパーを使う、最上級グレード「STIスポーツ」の足回りです。

 コンフォートをセレクトしたときの乗り心地の良さと、コーナリング性能の高さときたら、いままでの国産車とまったく違うレベル。

 サスペンションは凄く動くのに、ロール感が少ない。ヨコハマ ブルーアースGTというタイヤとの相性も抜群で、どこまでも曲がって行く感じです。

 新型レヴォーグで唯一「普通レベル」となる燃費は、郊外路や高速巡航で14km/Lくらいをイメージすればいいと思う。通勤モードなら10km/Lから14km/Lくらいか。

 1.8リッターターボエンジンだけれど、ガソリンはレギュラー指定で経済的です。

 サンデードライバーなら十分納得出来る燃料コストかもしれません。新型レヴォーグが気になる人は、ディーラーで試乗してみて欲しい。

スバル・レヴォーグのカタログ情報を見る

【画像】イケメンワゴン! スバル新型「レヴォーグ」がカッコイイ!(26枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. 文章が下手クソ過ぎて内容が頭に入ってこない。

  2. クソゴミ記事ボケ。
    Dレンジをセレクトして走り出す(笑)分かりやすい文字数稼ぎ。
    小遣い稼ぎのエセ評論家(っぷw)引っ込んでろ。
    クソジジイ国沢光宏がくたばれ。

  3. 今までの国産車とは違う!てこいつ毎度同じこと言ってるよなw

  4. 本当に文章下手。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー