ホンダ新型「シビック」新旧比較! 11代目は超絶スポーティなイケメンになった!?

ホンダの北米法人は、11代目となる新型「シビック」を2020年11月18日に北米で世界初公開しました。デザインは現行モデルからどのように変化したのか、比較していきます。

「アコード」にも似ている? 新型「シビック」のデザイン

 ホンダの北米法人は、11代目となる新型「シビック」を2020年11月18日に北米で世界初公開しました。同市場での発売は、2021年春を予定しています。

 11代目はまずセダンから登場するといいますが、フルモデルチェンジでどのように変化したのか、デザインを中心に比較していきます。

北米で発表された新型「シビックセダン」(写真左)と従来型の「シビックセダン」
北米で発表された新型「シビックセダン」(写真左)と従来型の「シビックセダン」

 シビックは、日本市場では2011年から約6年間販売されていなかったものの、2017年からは国内でも再び10代目モデルが販売開始されています。

 ラインナップはセダン、ハッチバック、そしてスポーツモデルとなるタイプRの3種類でしたが、2020年8月にセダンのみ国内で販売を終了。現在は、ハッチバックとタイプRの2モデルが展開されています。

 一方、北米市場ではセダン、ハッチバック、タイプR、そして日本未導入のクーペ(Si)をラインナップ。

 では、現行モデルとなる10代目と次期型モデルの11代目では、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、セダン同士を比較していきます。

 新型シビックセダンは、フロントフェイスが大きく変化。斜め上につり上がっていたツリ目のヘッドライトは、フロントグリルも含め水平基調が強調されたデザインへと変化。ライトは目の輪郭を強調するようにシャープに光り、精悍さを強調しています。

 フロントグリルのデザインは、フラットなパネルの上にホンダエンブレムが配されていた現行モデルから、新型モデルでは横方向にラインの入ったデザインに変更。ロアグリルも、大開口の台形タイプへと変更されています。

 ルーフラインは、リアウインドウがなだらかに傾斜したクーペスタイルは継承されているものの、サイドのキャラクターラインは大きく変化しました。

 現行モデルはサイドウインドウの後端に向かうにつれてなだらかに上がっていたのに対し、新型モデルはフロントフェイスと同じく水平基調。同社の上級セダン「アコード」との共通性も感じさせます。

 サイドウインドウ後端はわずかにキックアップされ、サイドビューに躍動感を与えています。

【画像】世界初公開された新型「シビック」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. FK7のってるけど、今の方が挑戦的雰囲気がある。
    今度のは、なんだか、大人しいデザインに見えます。
    まあ、走りも、装備もFK7で十分満足感あるので、しばらくはこれでいきます。