なぜハイエースじゃない!? トヨタ新型ワゴン「プロエースヴァーソEV」登場! 2021年投入へ

トヨタの欧州法人は「プロエースヴァーソ」のEVモデルである「プロエースヴァーソ・エレクトリック」を2021年初頭に欧州市場で発売すると発表しました。現在日本には存在しない多人数乗車できるEVとなりますが、日本の10人乗り「ハイエースワゴン」とはどのような点が違うのでしょうか。

航続距離330kmの9人乗りEVが登場へ

 トヨタの欧州法人は「プロエースヴァーソ」のEVモデルである「プロエースヴァーソ・エレクトリック」を2021年初頭に欧州市場で発売すると、2020年11月16日に発表しました。プロエースヴァーソは、欧州でトヨタが展開する商用車「プロエース」の乗用モデルです。

 日本市場のラインナップでは「ハイエース」に対する「ハイエースワゴン」のような立ち位置のモデルといえますが、ハイエースのEVモデルは2020年現在存在しません。プロエースヴァーソ・エレクトリックはどんなEVワゴンなのでしょうか。

トヨタ「プロエースヴァーソ・エレクトリック」
トヨタ「プロエースヴァーソ・エレクトリック」

 プロエースヴァーソ・エレクトリックは、2020年現在日本には現行モデルとして存在しない、6名以上の多人数乗車が可能なEVです。

 航続距離330kmの75kWh仕様と航続距離230kmの50kWh仕様の2仕様が設定されます(ともにWLTPモードの航続距離)。

 バッテリーがボディ底面に配置されたことで低重心化を実現。これにより、走行安定性とハンドリングが向上しました。

 では、プロエースヴァーソ・エレクトリックの大型乗用ワゴンとしての特徴を、商用車をベースにした乗用モデルという点で共通する日本のハイエースワゴンを比較しつつ、見ていきます。

 プロエースヴァーソ・エレクトリックのボディは、小型ボディ、中型ボディ、大型ボディの3種類。用途に応じて複数のグレードが設定され、標準のプロエースヴァーソと同等のバリエーションが用意されます。乗車定員は最大で9人です。

 一方、ハイエースワゴンの全長は2種類あり、乗車定員は10人。ちなみに、14人乗りで2ナンバー車(普通免許では運転不可)となる「ハイエースコミューター」というモデルも存在します。

 動力性能について見ると、プロエースヴァーソ・エレクトリックは75kWh仕様と50kWh仕様ともに最高出力138馬力・最大トルク260Nmです。

 ハイエースワゴンは、全車2.7リッター直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。最高出力160馬力・最大トルク243Nmを発揮します。

 ちなみにWLTCモード燃費は8.8km/L(2WD車)、タンク容量は70Lということで、カタログ燃費を元に計算した航続距離は616kmです。

【画像】2021年発売へ! 新型「プロエースヴァーソ・エレクトリック」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. こりゃあカッコ悪い。こんなのをハイエースで出したら売れない。

  2. 今のハイエースの型でEVにしてくれ

  3. めちゃ欲しい!