公道での効果なんか関係ない! ゴリゴリのエアロパーツ搭載車5選

クルマの外観をドレスアップする機能的なアイテムといえば、エアロパーツです。もともとはレースの世界で誕生したエアロパーツは、1970年代には市販車にも搭載されるようになり、1980年代の後半から一気に普及しました。そこで、ド派手なエアロパーツが装着されたクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

見た目も機能も本格的なエアロパーツ車を振り返る

 クルマの外観をドレスアップするパーツとして定番なのがエアロパーツです。レースの世界で誕生し、空力特性の向上が目的だったエアロパーツは、1970年代に市販車にも装着され、1980年代に一気に普及しました。

機能もしっかりと追求されたエアロパーツのクルマたち
機能もしっかりと追求されたエアロパーツのクルマたち

 社外部品として販売されているだけでなく、純正部品でも数多くラインナップされ、なかには市販車ながらドレスアップ目的ではなく、本当に効果が期待できるようなエアロパーツが装着されたケースも存在。

 そこで、ド派手なエアロパーツが装着されたクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「S2000 タイプS」

まさに進化の集大成として登場した「S2000 タイプS」
まさに進化の集大成として登場した「S2000 タイプS」

 レースとエアロパーツは密接に関係していますが、1990年代の後半からは、市販車をベースしながらも改造範囲が格段に広くなった「全日本GTカー選手権」が人気となり、GTカーたちの必須アイテムだったのが後に「GTウイング」と呼ばれたリアウイングです。

 このGTウイングが人気となり、アフターマーケットで多数販売され、純正装着するモデルも登場。その1台が2007年に発売されたホンダ「S2000 タイプS」です。

 S2000は1999年にホンダの創立50周年記念事業のひとつとして登場したFRオープンスポーツで、250馬力を発揮する2リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載するなど、高性能さが高く評価されました。

 なかでもS2000 タイプSは、左右に大きく張り出したフロントスポイラーが装着され、高速走行時のダウンフォースだけでなく、ボディ下面に流入する気流をコントロール。

 さらに巨大なリアウイングは中央部を湾曲させた形状で、シート後方の乱流を積極的に整流する効果が期待できます。

 この巨大なGTウイングは、S2000以外にも純正装着された例がありましたが、現在はほとんど見られなくなりました。

ホンダ・S2000 の中古車をさがす

●マツダ「RX-7 マツダスピード R-スペック」

美しいフォルムはそのままに迫力をプラスした「RX-7 マツダスピード R-スペック」
美しいフォルムはそのままに迫力をプラスした「RX-7 マツダスピード R-スペック」

 マツダ「RX-7」はロータリーエンジンを搭載した本格スポーツカーとして1978年に誕生。

 パワフルなロータリーエンジンはマツダのさまざまな車種に搭載されていましたが、燃費の悪さから徐々に敬遠され、小型、軽量、高出力なロータリーエンジン存続の道として選ばれたのが、本格的なスポーツカーでした。

 そして、1991年には3代目となる「FD3S型」RX-7が登場しました。3代目RX-7は各部にアルミ素材が使われたことから100kg以上の軽量化を実現。

 ドライバーが運転を楽しむことを最優先する本格的な「ピュアスポーツカー」として生まれ変わり、海外ではロータリーロケットと評されました。

 この3代目では当然ながら純正で各エアロパーツが装着されていましたが、かつてマツダのモータースポーツ活動を担っていたマツダスピードからもチューニングパーツがリリースされ、エアロパーツもラインナップ。

 その究極のスタイルを実現したのが「RX-7 マツダスピード R-スペック」です。

 R-スペックはレースでの使用を前提として開発され、カナードを備えたフロントスポイラー、サイドステップ、ディフューザー付きのリアバンパー、そして巨大なGTウイングで構成されていました。

 さらに、エアアウトレット付きのエアロボンネットに、空気抵抗削減を目的としたエアロサイドミラーも設定されました。

 ノーマルのRX-7の美しいフォルムを崩すことのないデザインに、高品質なフィッティングが可能だったこと、サーキットでこそ威力を発揮する性能など、メーカー直系のマツダスピードならではのアイテムといえるでしょう。

マツダ・RX-7 の中古車をさがす

●トヨタ「86 GTS」

オーストラリアでしか販売されなかった「86 GTS」エアロパッケージ
オーストラリアでしか販売されなかった「86 GTS」エアロパッケージ

 2012年にデビューしたトヨタ「86」は、スバルと共同開発された2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載した小型FRクーペです。

 高いコーナーリング性能を持つライトウェイトFRスポーツカーを待ち望んでいた層から、たちまち人気となります。

 86は日本のみならず海外でもヒットし、なかでもオーストラリアではワンメイクレースが開催されるなど、若い世代から高い支持を受けていました。

 そしてユニークなのが、オーストラリア独自のオプションが用意されていたことで、フロントバンパースカート、サイドスカート、リアバンパースカート、大型リアスポイラーで構成されたエアロパッケージを設定。

 これは、日本では販売されなかったエアロパーツで、まだ86が発売される以前に、プロトタイプがニュルブルクリンク4時間レースに出場した際のエアロパーツを再現しています。

 2012年6月に「86 GTS」グレード専用で発売されると、日本でもこのエアロパーツは話題となり、「ニュル羽」や「ニュルウイング」と呼ばれ、わざわざオーストラリアから取り寄せたユーザーもいたほどです。

【画像】リアウイングはデカけりゃいい!? 超カッコいいエアロパーツ車を見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント