「ツインリンクもてぎ」に新アトラクション登場! 家族でチャレンジがテーマ

森のなかのモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)が、2021年3月13日に「家族でチャレンジ」をテーマとした新アトラクション「オフロードアドベンチャー DEKOBOKO(デコボコ)」をオープンすると発表しました。

家族みんなで森の難関コースに挑むドライビングアトラクション

 森の中のモビリティテーマパーク ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)に、「家族でチャレンジ」をテーマとした新アトラクション「オフロードアドベンチャー DEKOBOKO(デコボコ)」がオープンします。

ツインリンクもてぎにオープンする新アトラクション「オフロードアドベンチャー DEKOBOKO(デコボコ)」
ツインリンクもてぎにオープンする新アトラクション「オフロードアドベンチャー DEKOBOKO(デコボコ)」

 2021年3月13日に新たに登場するンオフロードアドベンチャー デコボコは、家族みんなが乗れる4人乗りオフロードマシンを操り、凸凹道や斜面など、森のなかをイメージした様々な難関コースを走破するドライビングアトラクションです。

 ハイパワーマシンを操って障害物コースを走破する既存アトラクション「アクロエックス」のマシンとコースを引継ぎ、「探検家になるために難関コースで訓練する」という新たなコンセプトのもとで、新アトラクションとして生まれ変わりました。

 ツインリンクもてぎにある多くのアトラクションは、点数、タイム、順位といったチャレンジに繋がる仕掛けが盛り込まれており、「失敗しても、上手く乗れなくても、楽しく遊びながら何度もチャレンジすることで成功したときの達成感を味わってほしい」との思いで開発されています。

 そして今回、新たにオープンするオフロードアドベンチャー デコボコは、大きな乗り物であることを活かし、家族みんながひとつのチームになってチャレンジできることが魅力です。

●オフロードアドベンチャー デコボコの特徴

・迫力あるサイズのオフロードマシン「デコボコ」を操る

 4人乗りのデコボコは、軽自動車並みの大きさ(全長2750mm、全幅1714mm、重量735kg)というビッグサイズで、ツインリンクもてぎの乗り物アトラクションではもっとも大きな乗り物です。

 さらに、ハイパワーエンジンと専用設計されたサスペンションにより大きな岩でも乗り越えることができます。

 そして、細部までこだわったデザインにより、探検感を盛り上げるオフロードマシンに仕上げられています。

・岩や倒木をモチーフにした難関コースに挑戦

 森のなかの岩や倒木などをモチーフに表現されたモビリティ訓練所は、まさに探検家を養成するに相応しいコースです。

 全長240mのコースに13もの難所が設けられており、この難関コースにチャレンジする参加者は、トレーニングをおこなう新人探検家として、さまざまなミッションに挑んでいきます。

 そのなかでも「岩盤のバンク」、「水辺セクション」、「凸凹コース」の3セクションは難易度が高く、高得点を出すためには何度もチャレンジして運転技術を磨く必要があります。

・家族みんなでチャレンジすることで得点が増える仕掛け

 コースに設けられた難所を通る前には、訓練所の隊長から無線で指令やアドバイスが送られてきます。

 しかし、この無線は運転席のドライバーではなく、後部座席のクルーの方が聞こえやすく設計されており、ドライバーとなる子どもにお父さん、お母さんから無線の指令やアドバイスを伝えることで、正確な運転ができて高得点につながるようになっています。

 こうしたチームプレーが、オフロードアドベンチャーデコボコの大きな魅力です。

 ツインリンクもてぎのパスポート料金及び入場料金(消費税込)は以下のとおりです。

 パスポート料金:小学生以上 3200円/幼児(3歳から未就学児)1800円

 当日入場料金:大人(中学生以上)1200円/子ども(小学生)600円/幼児(3歳から未就学児)300円

 当日駐車料金:4輪1000円/2輪500円

 オフロードアドベンチャー デコボコは、 2021年3月13日に登場予定です。(料金:600円/人 パスポート利用可)

【画像】「ツインリンクもてぎ」のNEWアトラクション! 「オフロードアドベンチャー DEKOBOKO」とは?

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント