キャデラック新型「エスカレード」日本上陸! フルサイズSUVの価格は1490万円から

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年11月12日、フルサイズラグジュアリーSUV「キャデラック エスカレード」の新型モデルを同年11月13日から販売開始すると発表した。

全長は5382mm! フルサイズSUVがフルモデルチェンジ

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は2020年11月12日、フルサイズラグジュアリーSUV「キャデラック エスカレード」の新型モデルを11月13日から販売開始すると発表した。

新型「キャデラック エスカレード」
新型「キャデラック エスカレード」

 車両価格はキャデラック「エスカレード プラチナム」が1490万円(消費税込、以下同)、「エスカレード スポーツ」が1520万円となる。なおGMジャパンは、2021年1月15日から17日に幕張メッセで開催予定の「TOKYO AUTO SALON 2021(東京オートサロン2021)にて新型エスカレードを国内初公開する予定だ。

 新型エスカレードは、2016年でペブルビーチで初披露した、次世代に向けて進化するキャデラックデザインの方向性を取り入れた。新型ホリゾンタルヘッドライトが先代と差別化しつつ、垂直方向を強調したテールランプがキャデラック伝統のエクステリアを継承している。

 グレードは2種類。ラグジュアリー系グレード「プラチナム」と、より精悍な顔つきが特徴の「スポーツ」を用意、ライフスタイルや趣向に合わせモデルを選択できる。

 ボディサイズは全長5382mm×全幅2059mm×全高1948mmと、先代に比べて全長は187mm拡大。ホイールベースは3071mm、トレッド前/後は1737mm/1730mmとなる。乗車定員は7名だ。

 ボディサイズ拡大や新開発の独立懸架リアサスペンション採用により、室内のフロア高が低く抑えられ、キャビン空間とラゲッジスペースを拡大。先代と比較して3列目シートのレッグルームはおよそ40%大きくなった。また居住空間が広がっただけでなく、2列目および3列目シートにもより簡単にアクセスできるようになり、3列目乗員のより快適な着座姿勢を実現した。

 また3列目後ろの荷室スペースも従来比で68%増加、標準ボディで722リッターを確保している。

 標準採用の6.2リッターV型8気筒エンジンは、可変バルブタイミングやオートストップ/スタート機能、ダイナミックフューエルマネジメントテクノロジーを搭載。最高出力426ps・最大トルク623Nmのパフォーマンスと効率性を両立。エレクトロニックシフトコントロールを備えた10速ATと組み合わされる。

 GMジャパンは、新型キャデラック エスカレードの発売を記念し、エクステリア8色、インテリア3色から好みのカラーを選ぶことができる「プレオーダーキャンペーン」を実施する。対象はプラチナム/スポーツ両グレードで、開催期間は11月13日から2021年1月17日まで。自分だけの特別なエスカレードを選ぶチャンスとなる。

※ ※ ※

 エスカレードは、キャデラックブランドのフルサイズSUVで、初代は1999年に登場。以来アメリカを代表するSUVとして人気のモデルだ。今回発表されたニューモデルで5代目となる。

キャデラック・エスカレード のカタログ情報を見る

【画像】ザ・アメリカンSUV! 新型エスカレードを画像でチェック(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント