66%が加齢による不安を感じている!? 高齢ドライバーが免許を返納できない理由とは

安全性能付きのクルマに乗りたいけれど乗っていない人は53%

 住んでいる環境は免許返納ができる状況かという質問に対しては、「返納できない状況である」との回答が過半数。このことから、運転に不安を感じていても免許を返納できない人が一定数いることがわかります。

 さらに、安全性能付きのクルマに乗っているか、または乗りたいかを聞いたところ、「乗っていないので、乗りたい」という回答が50%を超える結果となりました。

高齢ドライバーがクルマで出かけるイメージ
高齢ドライバーがクルマで出かけるイメージ

 安全性能付きのクルマに乗っていないので乗りたいと回答した人に、なぜ乗っていないのかを聞いたところ、「金銭的余裕がないから」との回答が43.8%を占め、具体的には、「機能付きのクルマは価格が高い」や「買い替える金銭的余裕がない」などの意見が多い結果です。

「疑問がある・必要性を感じないから」と答えた16.1%には、「いまは、どれが安全なのか思いつかない」や「いまはまだ、完全に安全だとはいい切れない」などの回答がありました。

「その他」には、「子どもと共有しているクルマだから」や「そろそろ免許の返納を検討しているので」、「買い替えは考えていないため」などの意見が聞かれました。

※ ※ ※ 

 今回の調査により、高齢ドライバーのなかには、運転に不安を感じることがあっても、住んでいる環境等から免許の返納ができない状況にある人もいることや、安全性能付きのクルマに乗りたくても経済的な理由から乗ることができない人がいることがわかりました。

 高齢ドライバーによる重大事故を減らすためには、法の整備だけでは不十分であるため、早急にクルマが必要な高齢者を取り巻く環境を改善する必要があるようです。

【画像】高齢ドライバーがクルマで出かけるイメージを画像で見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント