トールワゴンなのにまるでスポーツモデル!? 意外な高性能軽自動車5選

近年、軽自動車といえばトールワゴンやハイトワゴンが主流で、広い室内や充実した装備が最優先されています。一方で、かつてはスポーティなモデルでなくても、ホットな軽自動車も存在。そこで、意外な高性能軽自動車を5車種ピックアップして紹介します。

トールワゴンなのに高性能なエンジンに足まわりを強化!?

 1955年に登場したスズキ「スズライト」は、現在まで続く軽自動車の原型となったモデルといわれています。必要最小限の装備と出力を実現し、庶民の足としては十分な性能でした。

高い走行性能が与えられた軽トールワゴンたち
高い走行性能が与えられた軽トールワゴンたち

 その後、軽自動車の普及が加速して1967年にホンダ「N360」が発売されると、一般的な360ccの軽自動車が25馬力前後だった時代に31馬力を発揮したことで、軽自動車メーカーによるパワー競争が勃発。

 1970年代には排出ガス規制の強化もあってパワー競争は沈静化しますが、1980年代になるとターボエンジンの台頭によって、再び軽自動車のパワー競争が始まりました。

 そして、1987年にスズキ「アルトワークス」が発売され、550ccから最高出力64馬力を発揮。このアルトワークスの登場がきっかけで、軽自動車の最高出力は64馬力を上限とした自主規制が始まり、現在も変わっていません。

 いまでは軽自動車は単なる庶民の足というだけでなく、高性能なスポーツカーや趣味性の強いモデルなどバラエティに富んでいますが、なかには普通のモデルでも高性能グレードが存在。

 そこで、意外な高性能軽自動車を5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「ライフダンク」

高性能なエンジンと足まわりを中心にチューニングされた「ライフダンク」
高性能なエンジンと足まわりを中心にチューニングされた「ライフダンク」

 1971年に登場したホンダ「ライフ」はN360シリーズの後継車として発売され、途中ブランクがありましたが1997年には軽トールワゴンとして再登場。

 1998年に3代目にモデルチェンジされたライフは、最高出力50馬力の660cc直列3気筒SOHC自然吸気エンジンを搭載していましたが、2000年には64馬力を発揮するターボエンジンを搭載した「ライフダンク」を追加ラインナップしました。

 ライフダンクは若い男性をターゲットにしたスポーティモデルで、外観ではフロントフェイスが精悍なデザインとされ、スポイラー形状のバンパーなどを採用しています。

 ほかにも専用装備として強化スプリングや大径スタビライザーを装備したスポーツサスペンション、フロントにベンチレーテッドディスクブレーキを搭載。

 ライフダンクは見た目も装備もスポーティさを強調したモデルで、実際の走りも高く評価されました。

 しかし、トランスミッションは3速ATのみとなっているなど中途半端感は否めず、ヒットには至らず、2003年に4代目ライフが登場するとライフダンクは消滅してしまいました。

ホンダ・ライフダンク の中古車をさがす

●三菱「トッポBJ R」

4気筒5バルブターボという贅沢なエンジンを搭載した「トッポBJ R」
4気筒5バルブターボという贅沢なエンジンを搭載した「トッポBJ R」

 1990年に登場した三菱「ミニカトッポ」は、「ミニカ」とフロント部分を共有しながらキャビンを上方へ延ばすことで、たっぷりとしたラゲージスペースとヘッドクリアランスを実現したハイトワゴンの派生車です。

 そして、1998年には、ミニカシリーズから独立したモデルの「トッポBJ」となり、今日の軽スーパーハイトワゴンの原型といえるモデルとして登場。

 トッポBJに搭載されたエンジンは、標準仕様では最高出力50馬力の660cc直列3気筒SOHCでしたが、トップグレードに「トッポBJ R」には、64馬力を誇る660cc直列4気筒DOHC20バルブターボを搭載していました。

 1気筒あたり5バルブのエンジンは、高回転、高性能化が可能で、F1をはじめレーシングカーにも採用された技術ですが、当時の三菱は幅広い車種に採用していました。

 外観はエアロパーツが装着され、ボンネットのエアスクープや15mm車高が低められたローダウンスプリングの採用で、スポーティに演出されています。

三菱・ミニカトッポ の中古車をさがす

●スバル「プレオRS」

高性能なエンジンに対応してブレーキや足まわりも強化された「プレオRS」
高性能なエンジンに対応してブレーキや足まわりも強化された「プレオRS」

 スバル「プレオ」のデビューは1998年。先行して発売された他社のトールワゴンが人気となっていたことで、スバルも「ヴィヴィオ」の後継車として軽トールワゴンのプレオを発売しました。

 他の軽トールワゴンより低めの全高1575mm(ルーフレール装着車は1625mm)で、6ライトウインドウのサイドビューと、やや長めのボンネットが特徴で、商用バンも含まれるなど幅広いグレードをラインナップしました。

 搭載されたエンジンは、すべて660cc直列4気筒の「EN07型」で、SOHC自然吸気エンジン、SOHCマイルドチャージ・スーパーチャージャーエンジン、SOHCハイプレッシャー・スーパーチャージャーエンジン、そしてトップグレードの「プレオRS」には最高出力64馬力のスポーティなDOHCスーパーチャージャーエンジンの4種類が設定されていました。

 プレオRSは、ハンドルのスイッチでシフトアップ&ダウンが可能な世界初の7速マニュアルモードを採用したCVTや、フロントがベンチレーテッド、リアがソリッドの4輪ディスクブレーキを採用。

 また、4輪ストラットの足まわりは専用チューニングされ、プレオRSはトールワゴンながら走りにこだわったモデルでした。

スバル・プレオ の中古車をさがす

【画像】軽トールワゴンだけど高性能車! 意外と高性能な軽自動車を見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント