カッコイイ派? それともカワイイ派!? デザインが注目された軽自動車5選

現在、日本でもっとも売れているクルマといえば軽自動車です。誕生以来、庶民の足として活躍してきた軽自動車ですが、単に安価で使い勝手を追求してきただけでなく、優れたデザインと評されたモデルも存在。そこで、デザインが注目された軽自動車を、5車種ピックアップして紹介します。

デザインに力を入れた軽自動車を振り返る

 スズキは1955年に初の4輪自動車「スズライト」を発売しました。スズライトは日本初の本格的な軽自動車として誕生し、現在まで続く軽自動車の基礎となったモデルです。

ユニークなデザインが注目された軽自動車たち
ユニークなデザインが注目された軽自動車たち

 それ以来、軽自動車は庶民の足として愛され、現在は機能的にも飛躍的に進化した結果、日本でもっとも売れているクルマとなりました。

 もともとは廉価で十分な性能と使い勝手の良さがクローズアップされる存在だった軽自動車ですが、デザインに力を入れた個性的なモデルも存在。

 そこで、デザインが注目された軽自動車を、5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「トゥデイ」

それまでの概念を覆したデザインを採用した初代「トゥデイ」
それまでの概念を覆したデザインを採用した初代「トゥデイ」

 1974年に軽乗用車の生産を終えたホンダは、1985年に、軽ボンネットバンの初代「トゥデイ」を発売。11年ぶりの乗用タイプとなるトゥデイは、ホンダが提案する新世代の軽自動車として開発されました。

 外観の特徴は、極端に短いフロントノーズと、ボンネットのラインがそのままフロントウインドウを経て、後端までつながるロングルーフによる、低く伸びやかなフォルムです。

 1981年に発売された初代「シティ」が全高を高くすることで広い室内空間を確保していたのと、真逆のデザインコンセプトで、それまでの軽ボンネットバンの常識を覆したほどでした。

 大胆なショートノーズを実現するため、シリンダーを水平近くまで寝かせた550cc直列2気筒エンジンを搭載し、下方にデファレンシャルギヤを配置。

 このショートノーズと、新開発のサスペンションによってタイヤをボディの四隅に配置することで、広い居住空間を確保しています。

 初代トゥデイは、ほかにはない新たなデザインの軽自動車を提案したことが高く評価され、1986年度に「グッドデザイン賞」を受賞しました。

●マツダ「キャロル」

カワイさとスポーティさを兼ね備えた2代目「キャロル」
カワイさとスポーティさを兼ね備えた2代目「キャロル」

 1960年に、マツダは「R360クーペ」で4輪乗用車市場に参入。完成度の高い外観デザインと低価格で「スバル360」と人気を二分するほどでしたが、実質2人乗りのR360クーペは次第に人気を失い、替わりのモデルとして1962年に初代「キャロル」を発売します。

 初代キャロルは、18馬力を発揮する先進的な水冷4サイクル直列4気筒OHVのオールアルミエンジンを、リアに搭載。3BOXのセダンタイプのユニークなボディでした。

 しかし、キャロルは重い車体と非力なエンジンが災いし、販売が低迷したことで1970年に生産を終了。

 それから20年近く経った1989年に、ユニークなデザインの軽自動車として2代目キャロルが登場。

 2代目は丸みを帯びた3ドアハッチバックの車体で、女性をターゲットユーザーとしていたことが見事に当たり、ヒット作となります。

 シャシやエンジンなど主要なコンポーネントはスズキから供給され、内外装はマツダ独自のデザインと、単なるOEM供給ではないことも斬新でした。

 エンジンは当初550ccでしたが、軽自動車規格変更後は660ccエンジンを搭載し、トップグレードには最高出力61馬力の直列3気筒SOHCターボが設定されています。

 そして、1995年には3代目にモデルチェンジし、4代目以降はスズキ「アルト」のOEM車となって、現在に至ります。

●スズキ「ワゴンR」

軽トールワゴンのスタイルを確立した初代「ワゴンR」
軽トールワゴンのスタイルを確立した初代「ワゴンR」

 1993年に発売されたスズキ初代「ワゴンR」は、4代目「セルボ」をベースに広い室内を実現した軽トールワゴンの草分け的存在です。

 まるで小さなミニバンのようなボディで、大人4人が快適に乗車でき、フラットになるリアシートから生みだされる広いラゲッジスペースや、視界と乗降性に優れたドライビングポジションなどが特徴で、新時代の軽自動車として開発されました。

 従来の女性ユーザーだけでなく30代の男性ユーザーをターゲットとしたことで、車高の低い一般的な軽乗用車や、商用車から派生した1BOXタイプでは満足できない層に受け入れられ、大ヒットを記録。

 使い勝手と走りのバランスの良さが認められると、競合メーカーからも次々と類似車種が発売されたほどです。

 ワゴンRは、その新しさが認められ1993年のグッドデザイン賞を受賞。その後も2008年、2012年、2017年とグッドデザイン賞を受賞し、2009年度はグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞するなど、ブレないコンセプトが高く評価されました。

【画像】斬新なデザインに注目! 個性的な外観の軽自動車を見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント