トヨタ「RAV4」ベース!? 光岡新型「バディ」 アメ車風デザインがバカウケなるか

光岡初のSUVとして登場する予定の新型「バディ」が早くも話題となっています。トヨタ「RAV4」をベースとしているようなのですが、両車はどのようなところが違うのでしょうか。

アメ車風! 新型バディはトヨタ RAV4がベースか?

 2020年9月24日に、光岡は新型SUV「バディ」のティザーサイトを公開していましたが、今回そのバディの新たな情報が公開されました。

 光岡初のSUVとなる新型バディとは、どのようなモデルなのでしょうか。

 フロントフェイスは光岡独自のデザインですが、サイドから見る限りトヨタ「RAV4」をベースとしていると見られます。実際にRAV4と比べてみました。

左:トヨタ「RAV4」/右:光岡「バディ」
左:トヨタ「RAV4」/右:光岡「バディ」

 新型バディでもっとも注目されるのは、外観のデザインです。タテ目角型2灯ヘッドライトやイカツイ大きなフロントグリル、ボンネットのプレスラインなど、古き良き“アメ車”の雰囲気を濃厚に感じられます。

 リアは縦長のテールランプに横長の大きなボディパネル、ピカピカのメッキバンパーなど、こちらもアメリカンなデザインとしており、最新モデルなのに懐かしさも感じられるデザインです。

 光岡といえば、クラシカルでパーソナルユースのクルマを多く製造してきましたが、同社の50周年記念車の限定車「ロックスター」もアメ車スタイルを取り入れて大きな反響を呼ぶなど、新たな方向性を示していました。

 新型バディは「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」をコンセプトとしており、さまざまなモデルがラインナップされているSUV市場のなかで、ほかにはない独創性のあるスタイルが早くも注目されています。

 正式にはアナウンスされていないものの、新型バディは5代目の現行RAV4をベースとしていると見られます。

 RAV4の外観は、北米でトヨタが販売する「タンドラ」や「タコマ」といったライトトラックのデザインである六角形の大型グリルとシャープなツリ目のヘッドライトを装着。タフでワイルドなスタイルです。

 スタイリッシュな都会派SUVが多かった日本で、3年ぶりに復活したRAV4ですが、アクティブなスタイルが評価されてヒットモデルとなっています。

 ボディサイズを見てみると、新型バディは全長4730mm×全幅1860mm×全高1685mmと、RAV4の全長4600mm-4610mm×全幅1855mm-1865mm×全高1685mm-1690mmと比べて、全長が130mm延長されています。

※ ※ ※

 新型バディもRAV4もアメリカンな魅力を備えたSUVです。しかし方向性は異なり、新型バディはひと昔前のアメ車、RAV4はアメリカで人気の最新デザインを取り入れています。

【画像】アメ車風の光岡 新型バディがイカしてる! RAV4との違いは?(44枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント