なぜ疑似音が発生? ハイブリッド車の接近音が全面義務化で歩行者の反応は?

世界初の量産ハイブリッド車としてトヨタ「プリウス」が登場してから、20年以上経っています。最近では、多くの国産車にガソリン車とハイブリッド車が設定されており、そのため耳にする機会が増えた接近音ですが、なぜ擬似的に音を発生させているのでしょうか。

継続生産車も2020年10月より搭載義務化、気にするユーザーも多い?

 最近では、多くの国産車にガソリン車とハイブリッド車が設定されており、そのため耳にする機会が増えた接近音ですが、なぜ擬似的に音を発生させているのでしょうか。

接近音を発する音をON/OFF出来るスイッチがあったが、2020年10月から全面的に搭載義務化となった
接近音を発する音をON/OFF出来るスイッチがあったが、2020年10月から全面的に搭載義務化となった

 ハイブリッド車は走行時に音がしにくいため、歩行者などが接近に気が付きにくく危険との声も上がっています。
 
 こうした声に対応するため国土交通省は、車両接近音を発することを義務化しており、継続生産車についても2020年10月より搭載が義務化されました。

 ハイブリッド車や電気自動車が接近する際、「ウィーン」とモーター音のような電子的な音が聞こえます。

 この音は実際のモーターが作動している音ではなく、車体に取り付けられてスピーカーから発せられる疑似音なのです。

 この電子音(接近音)が採用されているのは、ハイブリッド車のモーター走行時は、エンジン音がほとんどしないため車両の接近に気が付きにくく、事故やトラブルにつながる恐れがあるほか、歩行者などから「身の危険を感じた」という声も多かったためです。

 視覚障害者団体や一般ユーザーからの要望で、2010年頃から接近音の採用が検討されました。

 そして、2016年に「車両接近通報装置」について国土交通省によりガイドラインが定められ、新型車の場合は2018年3月8日から、継続生産車の場合は2020年10月8日から、接近音の搭載が義務化されています。

 これに伴い、接近音を切ることができる一時停止機能などのキャンセラー機能も、搭載不可となっています。

 義務化以降に生産されたクルマについては、何らかのカスタムで接近音を無くすことや、キャンセラーを装着してしまうと、車検に通らないため注意が必要です。

 なお、国土交通省によれば、義務化以前に生産されたクルマであれば、キャンセラーが装着されていても問題はないとしています。

 適用範囲となるのは「燃料電池自動車を含む、EV走行が可能なハイブリッド車及び電気自動車」で、これは、エンジンが回転停止状態でも、モーターのみで走行可能なクルマを指します。なお、EV走行とエンジン走行が切り替え可能なクルマも対象です。

 その理由は、モーターのみで走行ができないハイブリッド車は、発進時にエンジンの出力を必要とするため、一般的なエンジン車と同等の気付きやすさが確認されていることから、対策は不要と判断されました。

 また、接近音が鳴る条件も明確に決められています。国土交通省では「車両の発進から車速が20km/hに至るまでの速度域及び後退時において、自動で発音するものとする」としています。

 これは、EV走行では発進時がもっとも危険と考えられているためです。走行時はタイヤのロードノイズやモーター音が発生しますが、発進時はほぼ無音に近く、視界で捉えない限り認識は難しいとされています。

 ちなみに、一般的なエンジン音との差は、発進から時速20km/h程度の速度までで最大で20dBで、この音量とは、「5m先のささやき声が聞こえる」程度といわれています。

 では、ハイブリッド車の接近音について、ユーザーからはどんな反応があるのでしょうか。首都圏の日産の販売店スタッフは以下のように話します。

「ハイブリッド車の接近音について気にされる人は意外と多く程度いらっしゃいます。

 自分がぶつかられそうになっただけでなく、運転中に気づかれずにぶつけそうになった、という方も多いです。

 とくに、都心部で人通りの多いところにお住まいの人は、『ちゃんと音が鳴るのか』『どれぐらいの音量か』などを気にされるようです」

※ ※ ※

 また、同じく都心部の中古車販売店スタッフは以下のように話します。

「少し前のクルマだと、接近音のキャンセラーが装備されている車種があります。

 義務化以前のクルマは、一応は車検には通りますが、一部のお客さまからは外して欲しいとの要望も受けます。

 以前、実際に『運転者が高齢のため、間違って押してしまう危険がある』と、ご家族の人が希望するケースがありました」

 ひと昔前と比べてハイブリッド車の普及が進んだ現在も、接近に気が付かず、また気が付かれずにヒヤッとしたユーザーは多いようです。

【画像】聞こえる?聞こえない? 接近音を発するモデルを見る!(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1.  視覚に障害をもっておられる方たちには確かに疑似音も必要なのでしょう。もっとも、逆にあの白い杖にクルマを運転する人にだけ伝わる超音波のような機能を持たせるという逆の考え方もあり得ますよ。費用は、本人ではなく自動車会社とクルマを購入した人に負担させればいいでしょう。何百万人も目の不自由な人がいるわけでもありませんしね。
     元に話を戻しますが、私は疑似音とりつけには最初から反対でした。どこかの高校生が発案したとか聞いた覚えがありますが、彼も「自動車走行」当たり前時代の申し子だから、そういう考え方をしたのだろうと思います。本来は逆で、クルマに乗っている方が絶えず歩行者・自転車に注意をしなから運転すればよいだけの話です。
     こういうと、やれ歩行者がふらふらウロウロするとか、自転車のマナーがひどいとかおっしゃるクルマ大好きさんたちがいらっしゃると思いますが、それは心得違い。そもそも、ひととクルマとが狭い道路の同一平面上に同居しなければならない原因をつくったのは誰なのでしょう。
     クルマ製造会社・道路行政担当者・運搬速度重視企業経営者たちでしょう。ニッポンがアメリカなみの国土を所有していたのなら、クルマも必需品だと言えますが、不幸なことにニッポンはこんなに狭い国でした。そこに十分な見通しも立てずただむやみに車を走らせたのがそもそもの原因だったのです。

    • 昔、道を作るから車が増える!と言ったトンチキ政権のせいで今があるのですね、オマケに作った道ですら整備を怠り事故は減りません。
      自動車、歩行者分離式信号以前の対策は左折による巻き込み防止ミラー設置、大型トラックには二段式ミラーの保安規準など、全ては鉄は追々に調達する負け戦と同じで準備と想定を怠るとろくな事になりません。
      ハイブリッド車の接近音義務の他では緩和とドライバー不足を大義に25mにも及ぶトレーラーが、未だ道を作るから車が増える?と言った政権が撒いた火種が残る日本の道路事情に蔓延するのも間近ですね。
      規制と緩和のバランスの悪さには呆れるばかりです。ブレーキとアクセルの踏み間違いの申告を鵜呑みにする事故調査も呆れて口がふさがりません、これが高齢者という線引きでは尚更ですね、アクセルとブレーキを間違えるなら靴も左右間違えるし、階段で毎日転けるでしょう。
      日常不自由無く生活している人間が車の事故に至っては踏み間違いを強調して調べる側も坦々と調書を書く、さらには後付け防止装置など、ちゃっかりビジネスと連携したり事故の本質から現実逃避しているような感じですね。基本、上向きライトも人身事故から得た教訓からなのですが、肝心の下向きライトを使う状況を周知せずに上向きが基本と言い放ったもんですから最近は車を運転しても歩行者として歩いても視界は削がれるばかりです。

  2.  こういう問題には反応がひどく少ないですねえ。つまり、クルマの好きな方たちは、反感は抱いても、やはり、歩行者や自転車などに、強い関心はお持ちにならないのでしょうね。多勢に無勢は承知で、こちらに持論を書き込みみながら、つくづく思っています。