日産の最小SUV「マグナイト」世界初公開へ! スタイリッシュで力強いBセグSUVに期待!

日産のインド法人は、コンパクトSUV「マグナイト」を2020年10月21日に世界初公開します。BセグメントSUVを再定義するモデルとして登場する新型マグナイトとは、どのようなモデルなのでしょうか。

全長4mを切る日産最小SUV「マグナイト」とは?

 日産のインド法人は、新型コンパクトSUVの「マグナイト」を2020年10月21日に世界初公開することを明らかにしました。

 新型マグナイトとは、どのようなモデルなのでしょうか。

日本でテストをおこなう日産新型「マグナイト」
日本でテストをおこなう日産新型「マグナイト」

 新型マグナイトは、スタイリッシュなデザインと力強くダイナミックな存在感を備え、機能性に優れたBセグメントのSUVです。

 すでに2020年7月には新型マグナイトのコンセプトモデルが発表されて、話題になっていました。

「GT-R」や「アリア」などのモデルもテストもおこなわれている日産栃木試験場で走行試験が実施され、登場秒読みの状態となっています。

 日産のSUVの伝統と日本の先進技術を活用した新型マグナイトは、画期的な商品と技術で人々に力を与えるという「日産らしさ」の哲学を反映しています。

 クラス最高の装備を備えた新型マグナイトは、大胆なエクステリア、インテリア、テクノロジー、パフォーマンスという日産の4つの柱のすべてを実現しているといいます。

 日産自動車インドのラケシュ・スリバスタバ社長は新型マグナイトについて次のように述べています。

「新型マグナイトは、インドのユーザーの要望を念頭に置き、日本でデザインされました。

 4m以下のカテゴリでの大胆な提案であり、限界を打ち破ることでB-SUVセグメントを再定義するモデルです。

 この画期的な新型SUVをインドにもたらすことができ、非常に興奮しています」

※ ※ ※

 世界的なSUVブームにより、自動車メーカー各社はさまざまなSUVをリリースしています。

 とくに国内ではコンパクトSUVの登場が相次いでおり、2019年11月に発売されたトヨタ「ライズ」、ダイハツ「ロッキー」は、全長4mを切る扱いやすいサイズでヒットモデルになりました。

 日産は2020年6月に新型「キックス」を発売。キックスはコンパクトSUVに分類されるものの、全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmの3ナンバーサイズとなりますが、新型マグナイトはそれよりも小さい全長4m以下のボディを持つ、日産最小のSUVモデルです。

 日本で発売されるかどうかは明らかになっていませんが、もし発売されることになれば、ライズのライバルとして人気が出るかもしれません。

【画像】これはカッコイイ! 日産最小SUV「マグナイト」をチェック!(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 出すなら、さっさと日本で出さないと売れないヨ。変な役員が足を引っ張ってぐずぐずしていたら商機を逃します。

  2. 大きさ的にはクロスビーやライズ/ロッキー辺りと同格か。
    キムタクに高いギャラ払う金があるなら、
    このクルマを日本仕様にする事に回したらいい。

    質感やユーティリティまではわからないが、内外装の造形的には十分戦えると思うけどな。

  3. お願いだから日本に出してくれ…ディーラーのためにも

  4. 日産は…
    国内需要なんて二の次
    だって
    クレーム多い客、お金出さない客多すぎwww

  5. フロントグリルが、bmwの未来予想図と同じで笑えた。デザインは悪くないと思います!

  6. ニッサンは、これこそ日本でも売るクルマではないのか?
    オプションばかりで結局高くなるクルマづくりしかしないのでニッサン車は触手が及ばない。
    このクルマを日本で売ったとしてもオプション括り売りで、300万はするだろうと予想する。
    だったらジムニーがいいとなる。