日産「エルグランド」の最上級「AUTECH」登場! 2列4人乗り「VIP」もマイチェン

日産「エルグランド」のマイナーチェンジにともない、最上級グレードとして「AUTECH」が設定されました。さらに、特別仕様車「VIP」と「ライフケアビークル」シリーズもマイナーチェンジしました。

AUTECHブランドのフラッグシップ「エルグランド AUTECH」

 日産車の架装やカスタムを手掛けるオーテックジャパンは、「エルグランド」のマイナーチェンジに合わせて「エルグランド AUTECH」を新たに設定し、2020年11月9日に発売します。

日産「エルグランド」の最上級グレード「AUTECH」
日産「エルグランド」の最上級グレード「AUTECH」

「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランドで、素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしています。

 オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーをブランドのアイコニックカラーとしています。

 今回発売されるエルグランド AUTECHは、「セレナ」、「ノート」、「エクストレイル」、「リーフ」、「ルークス」に続くAUTECHブランドの第6弾。

 エルグランドの最上級グレードとして、また、AUTECHブランドのフラッグシップモデルと位置付けられています。

 エルグランド AUTECHは「350ハイウェイスター/250ハイウェイスターS」をベースとし、エクステリアはダーククロームフロントグリルや、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用。新型エルグランドの圧倒的な存在感をさらにアップさせた、堂々とした風格のあるスタイルとしました。

 また、フロントバンパーには専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用し、一目でAUTECHとわかるフロントスタイルに仕上げています。

 インテリアは、上質な本革と厚みのあるキルティングで仕立てたシートをはじめ、ステアリングやドアトリム、シフトノブにブルーステッチを施し、最上の質感を追求した室内空間としました。

 ボディカラーは、AUTECH専用色である「ダークブルー」を含め、「ミッドナイトブラック」「ピュアホワイトパール」「ダークグレーメタル」の全4色がラインナップされています。

 エルグランド AUTECHの価格(消費税込、以下同様)は、478万600円から571万7800円です。

 さらに、エグゼクティブ向けの特別仕様車「エルグランド VIP」がマイナーチェンジしました。

 走る執務室をコンセプトとするエルグランド VIPは「350ハイウェイスター プレミアム」をベースとし、3列仕様7人乗りに加え、2列仕様4人乗りもラインナップされています。

 シートはギャザーを施した本革仕様でブラックとホワイトから選択ができるほか、後席に読書灯や100V電源、乗降用のステップなどを装備。さらに、ユーザーの要望に応じ、個別注文にも対応します。

 エルグランド VIPの価格は、596万5300円から789万300円です。

 また、エルグランドの福祉車両「ライフケアビークルシリーズ(ステップタイプ/助手席スライドアップシート/セカンドスライドアップシート)」もマイナーチェンジを受けました。

 価格(消費税非課税)は、 395万4000円から520万800円です。

 なお、VIPとライフケアビークルシリーズは、2020年10月12日より発売されます。

日産・エルグランド のカタログ情報を見る

【画像】派手顔「エルグランド AUTECH」登場! 超贅沢な4人乗り「VIP」とは(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. インパネ廻りが古くさい。
    アルヴェル嫌いですが、明らかに周回遅れですよね。
    シフト廻りは特にダサい。