車のガソリン量で燃費に差がある? 満タン派と半分派で両論! 結局どっちが良い?

クルマにガソリンを給油する際、「満タン派」または「半分派」が存在します。結局、どちらが良いのでしょうか。

計算上は微々たる差、それよりももっと大事なことが

 クルマのガソリンを満タンにすると車重が増すため、燃費性能が落ちるという噂があります。
 
 一方で、いちいちガソリンスタンドへクルマを走らせるのも燃料のムダになるという意見もありますが、実際に、ガソリンを満タンにすると燃費は落ちるのでしょうか。

あなたは「満タン派」or「半分派」どっち? 賛否両論あるガソリン量でどっちが良いのかを計算してみました!
あなたは「満タン派」or「半分派」どっち? 賛否両論あるガソリン量でどっちが良いのかを計算してみました!

 ガソリン満タンが燃費を悪くするといわれる根拠は、タンクいっぱいにガソリンが入ることでクルマが重くなり、走行に多くの燃料を使ってしまうという理屈です。

 では、実際にガソリンを軽量化することでどれほどの燃費改善が見込めるのか、計算してみましょう。

 まず、一般的なガソリンは、1リッター当り約0.75kg(軽油は約0.8kg)とされます。例えば、トヨタ「ヤリス」のガソリン車(2WD)であれば、燃費タンク容量は40リッターなので、満タン時のガソリンの重量は約30kgとなります。

 仮に、半分の20リッターを入れるとタンク重量は15kgとなり、15kgの軽量化。日本アルミニウム協会のデータを参考にすると、クルマは10kgの軽量化で約0.2km/Lの燃費改善が見込めるため、15kg軽量化すると燃費が約0.3km/Lアップする計算です。

 しかし、ヤリスのガソリン車(2WD)の1リッターあたりのWLTCモード燃費は20.2km/Lですので、0.3km/Lを足しても20.5km/Lとなり、1.5%ほどの違いしかありません。わざわざ半分にした20リッターのガソリンを使い切っても、6kmほどしか航続距離は伸びません。

 このことから、ヤリスの燃費数値であれば6kmを伸ばしても、仮にレギュラーガソリンが1リッターで130円だとして40円ほどしか得をしないことから、大きな「節約」とはいえないでしょう。

 また、ガソリン満タンと燃費の関係について、大手ガソリンスタンドスタッフは以下のように話します。

「確かに、ガソリンを満タンにすると燃費が悪くなったり、エンジンの劣化が早くなるという人がいますが、ほぼ関係ないでしょう。むしろ、頻繁にガソリンスタンドに行く方が、燃料やエンジンは消耗します。

 それよりも、こまめなタイヤの空気圧チェックや不要な荷物を乗せないことや、不必要にエアコンを使わないこと、エコドライブなどを実践した方が燃費改善に繋がるのではないでしょうか。

 これは私の実体験ですが、タイヤの空気圧を点検し、3つあったゴルフバッグをすべて降ろし、エコドライブを心がけたところ、デジタルメーター上の平均燃費がリッター2kmほど変わったことがあります」

※ ※ ※

 平均燃費2km/Lの向上とは、燃料タンクが40リッターのクルマであれば、80kmも航続距離が異なります。

 たしかに、ガソリン満タンは若干の燃料悪化となりますが、約1%という微々たる差であるうえ、ほかに「もっとやるべきこと」があるようです。

【画像】クルマ側の機能でも燃費向上出来る? 使いたい機能をささっと見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント