なぜ軽は64馬力規制を継続? 普通車は16年前に撤廃も 規制故に出来る事とは

自動車メーカーの自主規制である「馬力規制」ですが普通車は撤廃されていたにもかかわらず、軽自動車はいまでも64馬力のままです。その理由はどこにあるのでしょうか。

普通車に「280馬力規制」がおこなわれた理由

 かつて自動車メーカーは、普通車や軽自動車に対して、それぞれ「280馬力規制」、「64馬力規制」という、最高出力を抑える自主規制をおこなっていました。
 
 現在、普通車の280馬力規制は撤廃されていますが、軽自動車の64馬力規制は残っています。なぜ軽自動車は現在でも自主規制を継続しているのでしょうか。

かつて普通車の「280馬力規制」のきっかけとなったといわれる日産「フェアレディZ(32)」
かつて普通車の「280馬力規制」のきっかけとなったといわれる日産「フェアレディZ(32)」

 クルマは、各国の法規制によって進化する方向が大きく変わります。例えば、世界最大の新車販売市場である中国では、電動車(おもにEV・PHV)を優遇する政策を採ったことで、世界中の自動車メーカーがEVやPHEVの開発に注力するようになりました。

 また、日本では道路運送車両法によって、クルマの保安基準などが定められています。近年、いわゆる「流れるウインカー」を採用する新車が増えたのは、道路運送車両法の改正によってウインカーについての規制が緩和されたためです。

 このように、クルマの開発や販売は、その国の法律や規制によって大きく影響を受けます。

 一方、こうした法規制とは別に、自動車メーカー各社による自主規制があります。

 なかでも有名なのが前述の「馬力規制」です。1980年代後半、自動車の技術競争が活発化したことで市販車のパワー(最高出力)の増大化が進みました。

 一方で、比例するように増える交通事故を懸念して、運輸省(現国土交通省)が日本自動車工業会に申し入れしたことで実施されたものです。

 バブル景気に沸く当時の日本では新車が飛ぶように売れ、なおかつ輸入車ブランドも日本へ攻勢を仕掛けていたことから、国内の自動車メーカーはとにかく魅力的なクルマを作ることに必死でした。

 そのなかで、もっともわかりやすく性能をアピールできるのが最高出力だったのです。

 しかし、政府が「交通事故非常事態」を発令するほどに、当時交通事故は社会問題となっており、日本の自動車メーカーで構成される日本自動車工業会としては、政府からの申し入れを受け入れざるを得ませんでした。

 その結果、当時のクルマは基本的に最高出力が280馬力へと制限されることになり、普通車の馬力規制の発端となったのは1989年に発売された日産「フェアレディZ(Z32)」といわれています。

 その後、1980年代後半から1990年代にかけて、ホンダ「NSX」や日産「スカイラインGT-R」、マツダ「RX-7」など、名だたる名車が登場しています。

 それらの最高出力が280馬力に統一されているのは、こうした自主規制の影響があったためです。

 しかし、その後各所の努力によって交通事故は次第に減少したことから、2004年に日本自動車工業会は普通車の280馬力規制の撤廃を申し入れます。

 その結果、日産「GT-R」に代表されるワールドクラスのスーパースポーツカーの国内販売も可能となりました。

【画像】新型「フェアレディZ」は何馬力? 新旧「Z」を見比べてみる!(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント