アウディ新型「A4」日本上陸! 全車マイルドハイブリッド搭載でデザインも大幅変更

アウディジャパンは2020年10月7日、プレミアムミドルサイズセダン/ワゴンのアウディ「A4シリーズ」(A4セダン、A4アバント、S4セダン、S4アバント)をモデルチェンジし、発売した。

フルモデルチェンジに匹敵するほどエクステリアを大幅に改良

 アウディジャパンは2020年10月7日、プレミアムミドルサイズセダン/ワゴンのアウディ「A4シリーズ」(A4セダン、A4アバント、S4セダン、S4アバント)をモデルチェンジし、発売した。

アウディ改良新型「A4」のフロントフェイス
アウディ改良新型「A4」のフロントフェイス

 2016年に5世代目へとフルモデルチェンジしたアウディA4は、モジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースに、最新のデジタル技術を投入すると同時に、デザインや品質、走行性能などを磨き上げた。

 今回のモデルチェンジでは、エクステリアデザインを大幅刷新。ドアパネルに至るまで改良を加え、全モデルでブリスターフェンダーを備え全幅を5mm拡大するなど、フルモデルチェンジに匹敵する変更を施した。

 またA4/A4アバントでは、新たなグレード構成として「base(ベース)」「advanced(アドバンスド)」「S line(Sライン)」の3種類を設定している。

 インテリアでは最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を初採用、センタースクリーンはタッチパネル式となり、操作性を向上している。また歩行者検知機能付き「アウディプレセンスシティ」や、渋滞追従支援機能付きアダプティブクルーズコントロールなど、先進のアシスタンスシステムをより充実させている。

 A4/A4アバントは、出力の違う2種類の2リッター直列4気筒直噴ターボを搭載。35TFSIは150ps、45TFSIは249psの最高出力を発揮する。またどちらにもベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を採用した。

 組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニック(DCT)。これによりエネルギー回生機能を高め、コースティング(惰性走行)時にエンジンを完全停止するなどして燃料消費量を抑制する。

 高性能バージョンのS4セダン/S4アバントは、ボンネットの先端に往年の「アウディ クワトロ」を彷彿とさせるスリットを備え、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用デザインとしている。さらに19インチアルミホイールを標準装備、インテリアではカーボンパネルや専用スポーツシートなどによりスポーティさを演出する。

 搭載する3リッターV6ターボエンジンは最高出力354ps・最大トルク500Nmを発生、トランスミッションは8速ティプトロニック(8速AT)を組み合わせ、クワトロにより4輪を駆動する。A4よりも車高を低めたSスポーツシャシーやダンピングコントロールSスポーツサスペンションも標準装備される。

アウディ改良新型「S4」と「S4アバント」
アウディ改良新型「S4」と「S4アバント」

 A4オールロードクワトロは、ホイールアーチトリムやアンダーボディプロテクションなどの専用パーツを備える。最低地上高を50mm高め、アウディドライブセレクトにはオフロードモードを追加したことで、乗り心地とオフロード性能の両立を実現している。

 搭載エンジンはMHEVを備え249psを発生する2.0TFSIに7速Sトロニックを組み合わせ、AWDクラッチ付きクワトロシステムを採用する。

 A4アバントおよびA4オールロードクワトロの荷室容量は495リッターで、リアシートをたたむと最大1495リッターに増加する。オートマチックテールゲートは、すべてのモデルで標準装備している。

●アウディA4 車両価格(消費税込)
・35 TFSI 455万円
・35 TFSI アドバンスド 523万円
・35 TFSI Sライン 570万円
・45 TFSI クワトロ アドバンスド 580万円
・45 TFSI クワトロ Sライン 627万円
・S4 895万円

●アウディA4アバント 車両価格(消費税込)
・35 TFSI 484万円
・35 TFSI アドバンスド 552万円
・35 TFSI Sライン 599万円
・45 TFSI クワトロ アドバンスド 609万円
・45 TFSI クワトロ Sライン 656万円
・S4アバント 924万円
・A4オールロードクワトロ 634万円

【画像】デザイン一新! アウディ改良新型「A4シリーズ」を画像でチェック(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント