ホンダeは初代シビックをオマージュ!? 街乗りEVという新ジャンルなるか

ホンダは同社初の量産ピュアEV「ホンダe」を2020年10月30日に発売します。外観は全体的に丸みを帯びたコンパクトカーですが、1972年に発売された初代「シビック」に似ているという声もあります。そこで、初代シビックを紐解きつつ、ホンダeを紹介します。

ホンダeは初代シビックのDNAを受け継いでいる!?

 ホンダは2020年8月27日に、同社では初の量産電気自動車、「ホンダe」を発表しました。発売は2020年10月30日を予定しており、すでにカーシェアリングなどで公道を走る姿も目撃されています。

「ホンダe」はEVの新時代を切り開けるか!?
「ホンダe」はEVの新時代を切り開けるか!?

 満を持して登場したホンダeは、全体的に丸みを帯びた柔らかな曲線を多用したデザインで、丸目のヘッドライトを配置するフロントフェイスや、全体の佇まいは1972年に発売された初代「シビック」をオマージュしているようです。

 そこで、ホンダが本格的な量産自動車メーカーとして世界で認められるきっかけとなった、初代シビックと最新のEVであるホンダeの、それぞれの特徴を紹介します。

※ ※ ※

 1972年、新世代のコンパクトカーである初代シビックが誕生しました。当時、まだ各社とも採用実績が少なかったFF駆動を採用し、広い室内空間を実現。

 ボディサイズは全長3405mm×全幅1505mm×全高1325mm(DXグレード、以下同様)と、軽自動車よりも全長で5mm、全幅で25mm大きいだけの、非常にコンパクトなサイズでしたが、乗車定員は5人となっていました。

 当初は2ドアのみの設定とされ、内装ではトレー形状のインパネに、スポードメーターとタコメーター(上級グレードのみ)をドライバー正面に配置し、燃料計と水温計をインパネ中央に配置した、じつにシンプルなデザインです。

 また、メーター以外のスペースには木目調パネルを配置することで、無機質なイメージを緩和しています。

 ほかにもFFならではのセンタートンネルの小さを生かして、あえてセンターコンソールを装備しないことで、広い足元の空間を強調。

 エンジンは最高出力60馬力の1.2リッター直列4気筒SOHCエンジンを搭載し、トランスミッションは当初フロアシフトの4速MTのみの設定でしたが、1973年に「スターレンジ」を持つホンダ独自の自動変速機「ホンダマチック」が追加設定されました。

 エアコン(クーラー)はオプションで、パワーステアリングやパワーウインドウも設定しないなど簡素な装備によって車重は615kgと非常に軽量で、60馬力とアンダーパワーながらキビキビとした走りと低燃費を実現しました。

 後に3ドアハッチバックや4ドア、5ドアハッチバック、上級グレード「GL」、スポーティモデルの「RS」、商用車のライトバンを追加するなど、多様化するニーズに対応するコンパクトカーを目指すようになります。

 そして、1973年12月には、排出ガス浄化技術「CVCC」を採用した1.5リッターモデルを追加。このCVCCエンジン搭載車は、クリアするのが不可能といわれたアメリカの排出ガス規制「マスキー法1975年規制」の適合を世界で初めてパスし、1975年モデルからアメリカへ輸出されました。

 CVCCエンジン搭載車はオイルショックという時代背景もあって、「燃費の良い低公害車」としてアメリカで大ヒットを記録。

 後に「アコード」と並んでシビックは北米で主力車種となり、いまもシビックはベストセラーカーです。

 そして、1979年にボディサイズが大きくなった2代目にバトンタッチしたことで、初代シビックは生産を終了しました。

【画像】約50年でどれだけ進化!? ホンダeと初代シビックを見比べる!(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント