フェラーリの偽物に注意!! 本物の「跳ね馬」の見極め方を伝授します

スーパーカーの代名詞であるフェラーリのエンブレム「キャバリーノランパンテ(跳ね馬)」に憧れる人は多いだろう。そこで、正式なキャバリーノランパンテを一発で見極めるための方法を伝授しよう。

1980年代まで、巷にはいろんな「跳ね馬」が氾濫していた

 モデナの皮革製造業のスケドーニ社は、1977年にフェラーリ「308」のトランクにぴったり入る旅行バックセットを製造したことを皮切りに、フェラーリとのコラボレーションが始まった。その絆は40年以上経つ今も続いている。

 1980年代に知り合ったスケドーニには、その後もモデナに出かけるたびに顔を出している。ある日、いつものようにスケドーニの工場内を見学していた時、ふと目にしたイラストがきっかけで、興味深いストーリーに巡り合うことが出来た。

代表的なフェラーリのエンブレム。黄色はモデナの街の色
代表的なフェラーリのエンブレム。黄色はモデナの街の色

 作業場に一枚の、少し年季の入ったフェラーリの跳ね馬のイラストが貼ってあった。しかも何やら角度や矢印が提示してある。

 なんだろう? 現社長のシモーネ・スケドーニに「これは一体なに?」と質問したところ、「登録商標されているフェラーリの跳ね馬のオフィシャルのイラストだよ。くわしい話は、当時の社長だった父マウロに話を聞くといいよ、彼はストーリーの背景をぜんぶ知っているから。いま、ちょうど会社に顔を出したところだよ」と、シモーネに教えてもらった。そこでさっそく、マウロの作業場へ向かった。

 マウロは会社を息子に譲って悠々自適の生活をしているところだが、今でも会社にちょくちょく顔を出して、なんやかやと手を動かしている根っからの職人だ。

「今、何を作っているの?」と聞くと、微笑みながら「はっはっは、先週モンツァで表彰台に上がったチームのちょっとした部品を作っているんだ。物つくりは楽しいよ」とのこと。さすがマウロ、引退してもF1チームから声がかかるなんて素晴らしい!

 今やスケドーニ家は、世界中の高級自動車メーカーと仕事をし、自動車関連の重鎮達とも個人的に関係を持っている。

 しかし、にも関わらず、いつまで経っても家族経営の親しみやすい姿勢は変わらない。どんなに世界の舞台で活躍しても地に足をつけ、「モデナの職人精神」をしっかり守っている。そうした彼らの生き方に共感して、モデナに訪れる際には、時間が許す限りスケドーニに足を運んでいる。

【画像】本物のフェラーリエンブレムの見極め方を伝授(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント