軽の「白ナンバー」あと1年選べる! オリンピックナンバー申込期限が延長

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」の申込期限が1年間延長されることになりました。新たな期限は2021年9月30日となります。期限延長に至った背景とはいったい何でしょうか。

オリパラ記念ナンバー 現在の累計申し込み数は?

 国土交通省は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」(以下、オリパラ記念ナンバー)の申請期限を1年延長すると、2020年8月25日に発表しました。新たな申込期限は2021年9月30日となります。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(寄付有り)
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(寄付有り)

 2017年10月10日に交付が開始されたオリパラ記念ナンバーは、オリンピックとパラリンピックのエンブレムが入ったナンバープレートが2枚1組で交付されることと(クルマの前後にどちらをつけるかは自由)、寄付金の有無によってグラフィックデザインの有無を選べることが特徴です。

 グラフィックデザインのないパターンを選択すると、軽自動車(軽乗用車)でも登録車(登録乗用車)のような「白ナンバー」の装着が可能となります。

 エンブレムが入る点のみ登録車と差異がありますが、黄色いナンバーを嫌う軽自動車ユーザーから注目を集めていました。

 オリパラ記念ナンバーのこれまでの累計申し込み数を国土交通省の担当者に聞くと、次のように説明します。

「2020年7月末時点の累計申し込み数は、193万4677台です。登録車と軽自動車の内訳としては、登録車が17万8628台、軽自動車が175万6049台となります。

 また、寄付有り(グラフィックデザイン入り)と寄付無し(グラフィックデザイン無し)の内訳は、寄付有りが23万8945台、寄付無しが169万5732台です」

※ ※ ※

 従来、オリパラ記念ナンバーの申し込み期限は2020年9月30日でした。

 申し込み期限が延長された理由について、前出の国土交通省担当者は「オリパラ記念ナンバーは大会開催を盛り上げるという趣旨で交付されました。しかし、大会自体が1年延期されたことを受け、当初のオリパラ記念ナンバー交付の趣旨を反映し、申し込み期限も延長するという判断に至りました」と話します。

 オリパラ記念ナンバーのような特別ナンバーが、今後軽自動車へ交付されるかは不明となっています。軽自動車ユーザーが「白ナンバー」を選択するのはこれがラストチャンスとなるかもしれません。

【画像】右上のエンブレムが通常のナンバープレートと違う! 記念ナンバーと通常ナンバーを見比べる(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント