車重重いミニバンでもハイブリッドが人気? 「お得感」なくても選ばれる訳とは

低燃費で経済性に優れているとされるハイブリッド仕様のミニバンが近年増加しつつありますが、ミニバンに限らずハイブリッド仕様とガソリン仕様の新車価格差を埋めるのは、年間走行距離がかなり長い人でないと難しいとされています。では、ユーザーはどういった基準でハイブリッドミニバンを選択しているのでしょうか。

ハイブリッドミニバン、ユーザーが注目するポイントとは?

 以前から人気のカテゴリとして注目されてきたミニバンですが、近年では低燃費で経済性が高いといわれるハイブリッド仕様がかなりの割合で設定されます。

 しかし、ハイブリッド仕様の経済性の高さというメリットを享受できるのは、ごく限られたユーザーになるといわれています。では、ハイブリッドミニバンを選択するユーザーの理由とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

世界初のハイブリッドミニバンとなったトヨタ「エスティマハイブリッド」(写真は3代目エスティマのハイブリッド仕様)
世界初のハイブリッドミニバンとなったトヨタ「エスティマハイブリッド」(写真は3代目エスティマのハイブリッド仕様)

 世界初の量産ハイブリッド車であるトヨタ「プリウス」の発売から4年後の2001年、世界初のハイブリッドミニバンとして、トヨタ「エスティマハイブリッド」が発売されました。

 その後、ハイブリッド仕様車の増加は止まらず、ミニバンにおいてもハイブリッド仕様を設定するモデルが続々と登場。

 日本自動車販売協会連合会が発表した2020年上半期の販売台数ランキングによると、ミニバンのなかでトップ5に入るトヨタ「シエンタ」、ホンダ「フリード」、トヨタ「アルファード」、日産「セレナ」、トヨタ「ヴォクシー」は、いずれもガソリン仕様のほかにハイブリッド仕様をラインナップ。

 また、それ以外の売れ筋ではないミニバンであってもハイブリッド仕様が設定されているモデルはかなり多いです。

 しかし、ハイブリッド仕様とガソリン仕様には数十万円の価格差があります。それを燃料代の差額で上回って、ハイブリッドのメリットといわれる経済性の高さを享受できるのはひと握りのユーザーだといいます。

 さまざまなハイブリッドミニバンをラインナップするトヨタの販売店スタッフは次のようにコメントしました。

「年間数万キロ以上乗るお客さまであればハイブリッド仕様の方が得かもしれません。しかし、一般的な年間走行距離の平均といわれる1万キロ程度で燃料代込の合計支出を見ると、『お得』と感じることは難しいと思われます」

 そんななかでも、ミニバン市場にはハイブリッド仕様を用意したミニバンが多数登場している状況ですが、ミニバンユーザーがハイブリッド仕様を選択する理由とは、いったいなんでしょうか。

 前出のトヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「いまも昔も変わらないのは、ハイブリッド仕様のイメージが良いことです。これは、特定の車種やミニバンというカテゴリに限らず、幅広い国産モデルでいえることだと思います」

 ミニバンに乗るユーザーはファミリー層が多く、ご近所付き合いをはじめとしたこれまでとは違う人々とのコミュニケーションも増える年代の人も少なくありません。

 そうしたときに、認知度および好感度が高いハイブリッド車に乗ることは価値があると感じるユーザーは少なからずいるということでしょう。

 また、ハイブリッドミニバンを選ぶほかの要因として、次のように話します。

「給油の回数が2/3程度になることを魅力に感じる人はいます。また、車種によってはエンジンを始動せず走行できるEVモードがついており、それを魅力に感じて選ばれるお客さまもいます。

 ただ、通常のハイブリッドシステムでEV走行できる距離は限度があるので、あくまで住宅街から抜け出す間だけ静かに走る場合に便利、ぐらいのイメージがよいと思いますし、それを伝えても魅力を感じるお客さまもいます」

 早朝にガレージから出発する場合、住宅街でエンジン音をたてずに走行したい、という需要もあることから、それもハイブリッドミニバンの支持へとつながっているということです。

【画像】売れ筋ミニバンってどんな見た目? 実車をチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント