タイヤのサイドウオールにぽっこりと膨らみが! これってなに? どうすればいい?

タイヤはクルマのパーツのなかで路面に接する唯一のものだ。だが安全運転に重要なパーツなのにもかかわらず、普段からケアをしている人は少ない。サイドウオールと呼ばれるタイヤの側面に、丸く膨らみができてしまった場合、どうすればいいのだろうか。

サイドウオールの「こぶ」はピンチカットと呼ばれる

 タイヤはクルマを走らせる上で重要な安全パーツであるにもかからず、あまり気にしてない人が多い。以前、タイヤのテストドライバーをしていた筆者としては、ドライバーはもっとタイヤのケアをしたほうがいいと言いたい。

タイヤはクルマの重量を支え、駆動力を伝え、路面からの衝撃を和らげ、方向を転換するという役割を持つ重要な部品だ
タイヤはクルマの重量を支え、駆動力を伝え、路面からの衝撃を和らげ、方向を転換するという役割を持つ重要な部品だ

 空気圧のチェック、溝深さのチェックは当然として、タイヤの傷についても目視でいいので見てほしい。

 ブランド名やサイズなどが書いてあるタイヤのサイドウオールは、普段は路面と接触していないし、汚れていなければいいと思っているかもしれないが、じつはここに重大な故障が隠れている場合がある。

 サイドウオールの一部に、タンコブのような膨らみがあったら要注意。これが「ピンチカット」だとすると、バーストする可能性があるから高速走行は危険だ。つまり早急にタイヤ交換しなければならないレベルということになる。

これがピンチカット。サイドウオールにタンコブのような膨らみができる(出典:一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)
これがピンチカット。サイドウオールにタンコブのような膨らみができる(出典:一般社団法人 日本自動車タイヤ協会)

 ピンチカットは、新品タイヤのときにはなかったタンコブのような膨らみが現れるのだが、表面上は大きな傷があるわけではない。

 ではなぜ膨らむのかというと、内部の「カーカス」と呼ぶゴムに織り込んだ補強用の糸の一部が切れることによって起こる。糸が切れるとそこが弱くなり内部の圧力で膨らむ。

 カーカスが切れてしまう理由はいくつか考えられる。

 ひとつは強い衝撃を伴って段差に乗り上げた場合だ。スピードを落とさずに歩道の縁石に乗り上げると、タイヤは潰れてきてサイドウオールは「くの字」に曲がる。空気が入っているにも関わらず、一瞬のことだが強く押されてパンクしたような形になる。

 その状態でホイールのフランジ(角の部分)で強く押すことになり、縁石とフランジの間に挟まれたゴムが潰され、なかのカーカスが切れてしまうのだ。強く押されてもゴムなので、表面には大した傷は残らないことが多い。

 もし縁石に乗り上げるときには、一度タイヤを縁石に接触させてからゆっくり乗り上げるようにするとタイヤにはダメージを与えない。

 ただし、縁石に対して緩い(小さな)角度で乗り上げていくと、サイドウオールから先に縁石に接触することになり、別の傷が付いてしまうので、その場合にはハンドルを切って縁石とはトレッド面で当てるようにしたい。

 縁石に乗り上げるときだけでなく、舗装路面に穴が空いていて、そこに落ちてしまったときにも同じ現象が起こる。穴に落ちるときは傷がつかないが、穴の奥の舗装の角にタイヤが激突することになり、縁石に乗り上げるときと同じ原理でカーカスの糸が切れてしまうのだ。

 これは縁石のときと違ってクルマのスピードも速いことが多いので、走行中は角があるような凹みにはタイヤを落とさないように注意して走行した方がいい。

【画像】こうなったら危険! タイヤの劣化ぶりを画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ほぼ記事の通りであると思いますが、2点ほど。
    1 完全にパンクして空気圧ゼロで走行したら、数km走っただけでサイドウオールはボロボロになってしまう → 車の重量や他のタイヤの状況、走行速度等にもよりますが、まあ経験上、数百メートルでパンク修理ができないほどの損傷(ボロボロ)を受けます(経験談)
    2 溝深さが5分山(4mm)以下だったら4本取り換える。それ以上の溝があって同じブランド、同じサイズが用意できるなら1本交換でもよいだろう → 2輪駆動の場合、駆動輪には同じくらいの溝・性能のタイヤをつけるよう留意したほうが良いかと