「駐車」「車線変更」苦手… コロナ禍で運転不慣れなペーパー&運転初心者も増加 スムーズな運転のコツとは

新型コロナ問題に伴う外出自粛要請で、長期間運転していなかった人のなかには、いざ必要に迫られて運転するとなったときに、四苦八苦してしまう人もいるのではないでしょうか。運転初心者や運転に不慣れな人が、スムーズに運転するコツとはいったいどんなもののでしょうか。

教習所の間隔とは別物? 駐車をスムーズにおこなうためには

 2020年に入り、新型コロナウイルスの問題による外出自粛が求められたことから、せっかく運転免許を持っているにも関わらず、ほとんど運転していないという人も多いのではないでしょうか。

 また、免許を取得した直後に外出自粛が始まってしまったという人にとっては、なおさら運転に慣れる機会が減る結果となってしまいました。

運転初心者や運転に不慣れな人が、スムーズに運転するコツとは
運転初心者や運転に不慣れな人が、スムーズに運転するコツとは

 しかし必要に迫られていざ運転となったときに、久しぶりの運転で四苦八苦してしまうのは避けたいものです。

 初心者ドライバーやペーパードライバーが苦手とされるシチュエーションで、スムーズに運転するコツとは、どんなものなのでしょうか。

 初心者や運転に不慣れな方にとって、怖いと感じたり苦手とする代表格が「駐車場での出し入れ」です。

 はじめての場所の駐車場で、周囲のクルマに接触しないように気を遣いながら狭いスペースに何度も切り返して駐車するのが大変、と感じる人も多いようです。

 そこで都内の自動車教習所で教官を務めた経験のあるI氏にコツを聞いてみました。

「まず元教官として申し訳ないなと思うのは、車庫入れや縦列駐車などを教える場合、教習所のコースでは周囲のポールなどを目印にハンドル操作を説明しているため、形式上は駐車できてしまうことです。

 実際の路上での状況を想定できない教え方になってしまっているなと感じております。教習所内と実地では状況も違うため、難しく感じる人も多いでしょう」

 実際の駐車場には周囲にクルマも多く、出入りの激しい商業施設などの駐車場では後続車からのプレッシャーもあって焦りがちです。

 不慣れな人は焦ることで、ハンドルを切りはじめるタイミングが遅れ、その遅れを取り戻そうと急なハンドル操作やブレーキ操作になりがちだといいます

「初心者でありがちなのが、停めたい枠からまっすぐ進み、遠い場所でバックしはじめるケースが多いこと。しかもバックをはじめる角度が駐車スペースに対して直角気味な人が多いのです。

 そのため1度のバック走行では進入角度が足りず、何度も切り返す必要が発生してしまうのです」(元教官I氏)

 元教官のI氏によると、上手に停めるコツはバック操作しはじめる前のポジションが大切だといいます。

「自分が駐車したいスペースが左側にある場合、同じ左側に寄せておきます。

 駐車したいスペースをいったん通り過ぎるように前進しながら、まずは右にハンドルを目一杯切ります。感覚的には駐車スペースに45度くらいの角度までリアが向いているイメージです。

 停車した後に、ハンドルを左に切り、そしてゆっくりバックしながらハンドルで微調整していけば、割とすんなり駐車スペースに収まります」

 もうひとつのポイントは、左のドアミラーで、左側のクルマの端を起点とした円を描くような動きをイメージするのがいいそうです。

 とくに初心者の方はドアミラーでの目視がおろそかになりがちですので、バックカメラの映像よりもドアミラーと自分の目による目視で操作したほうがいいということです。

「左側に寄りすぎたと思ったら前進して微調整しながらバックすれば、切り返しは1、2回で済みます。あとAT車の場合はアクセルを踏まずに、クリープ現象(AT特有のクルマが動く現象)を使いながらバックし、ブレーキでコントロールするように操作してみてください」

【画像】ペーパードライバーは、なぜ運転に苦手意識を持つ? 要因となるものをチェック(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 車線変更にコツがあるとすれば、ちらちらバックミラーを眺めて「車線を変えるならあのクルマの後だな」とイメージし続けることくらいかな。で、変える段になったら目標のクルマが並んだところでウインカー、と。