プーマのフェラーリモデル!? 履き込むほどにフィットするその魅力とは

タウンユースだけでなく、ドライビングにもマッチするプーマとフェラーリのコラボスニーカーを紹介しよう。

ドライビングシューズとしても定評のあるプーマ

 2020年シーズンのモータースポーツもようやく開幕した。待ちに待っていたファンも多いだろうが、ドライバー自身はそれ以上に開幕にワクワクしたに違いない。

 そのドライバーの足元に目をやると、「PUMA(プーマ)」率が高い。プロのシューズを開発し、そのノウハウをライフスタイルに落とし込んだスニーカーも人気のプーマ。なかでも人気のフェラーリモデルが今季より、さらにフィットするようアップデートしている。

●それぞれのスポーツに合った専用スニーカーやブランドとのコラボを展開

左:より足にフィットするようにアップデートされたフェラーリ レースDCフューチャー/右:フェラーリ レース フューチャーカートキャット
左:より足にフィットするようにアップデートされたフェラーリ レースDCフューチャー/右:フェラーリ レース フューチャーカートキャット

 1948年ドイツでスタートしたプーマは、「それぞれのスポーツにあった専用のスニーカーが必要だ」という考えのもと、スニーカー開発をおこない、多くのスポーツプレイヤーに支持されている。

 各競技に寄与するパフォーマンスプロダクトとともに、それぞれのスポーツにインスパイアされたライフスタイルプロダクトを世界中で展開している。プーマといえば、サッカーでの知名度が高いが、F1やスーパーGTなど、モータースポーツ界でも多くのドライバーがプーマのレーシング用シューズを着用している。

 ドライビングシューズは、それぞれのドライバーの要望に応え開発がおこなわれ、FIA(国際自動車連盟)の基準にのっとった素材を使用しなければいけないが、一般に発売されるスニーカーは、ドライブ時の快適さとデイリーの街歩きにもフィットするように素材が変更されている。

 例えば、レース仕様では、天然皮革やコットンがアッパーに使用されるが、重さやフィット感を考慮し、商品には合成繊維や人工皮革が使用されている。プロ仕様のノウハウを活かしつつ、軽くて履きやすいように改良された、「いいとこどり」のスニーカーというわけだ。

 また、それぞれのスポーツにあった最適なスニーカーを生み出すだけでなく、現在では一般的となったファッションブランドとのコラボも1998年にスタートしている。

 最初のコラボとなったジル・サンダー以降、現在も多方面のブランドとのコラボをおこない、人気を博している。さらに、シューズのみならずウェアも展開しており、ファッションブランドだけでなく、フェラーリやメルセデスなど、自動車メーカーとのコラボも定番となっている。

【画像】フェラーリファンなら、1足は手に入れておきたいプーマコラボモデルとは(6枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント