スバル「レガシィ/アウトバック」2021年モデルは機能が向上! 2020年秋発売

北米で販売されている「レガシィ/アウトバック」の2021年モデルが、2020年10月より発売されます。おもに機能面が向上していますが、どこが進化したのでしょうか。

価格はほぼ据え置きで機能が向上したレガシィ 2021年モデル

 北米スバルは、「レガシィ/アウトバック」の2021年モデルを発表しました。

 レガシィ/アウトバックの2021年モデルは、ハンドルの操作と連動してヘッドライトを進行方向へ向ける「ステアリングレスポンシブLEDヘッドライト」が全車標準装備され、夜間の運転時の視認性が向上しました。

スバル「レガシィ」(北米仕様)
スバル「レガシィ」(北米仕様)

 また、2021年モデルでは、前席・後席にシートベルトリマインダーを標準装備。シートベルトが装着されていないことを検知すると、音声と表示で警告します。

 さらに、リアシートリマインダーも標準で装備されています。これはドライバーが車両を降りる前に、後席の確認を促す機能で、子供やペットなどの置忘れを防止するものです。

 内外装の変更はありませんが、ベースグレード以外では、新色のボディカラーとして「ブリリアントブロンズメタリック」が設定されました。

 搭載されるエンジンは、2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジン(最高出力260hp)と、2.5リッター水平対向4気筒エンジン(最高出力182hp)の2種類が用意され、いずれもリニアトロニックCVTと組み合わされています。駆動方式は、シンメトリカルAWDです。

 安全装備として、「アイサイト ツーリングアシスト」が全車に搭載され、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御が可能です。

 アウトバックは、アクティブトルクベクタリングやビークルダイナミクスコントロールを搭載し、乗り心地とハンドリング性能を高めています。

 さらに、ヒルディセントコントロールを備えた「X-MODE」や、最低地上高は22cmを確保するなど、SUVとしての悪路走破性も兼ね備えました。

 価格は、レガシィ 2021年モデルが2万2895ドルから3万6145ドル(日本円で約244万円から約385万円)、アウトバック 2021年モデルが2万6795ドルから3万9945ドル(日本円で約285万円から約426万円)です。

 どちらも先代モデルから150ドル(約1万6000円)の上昇にとどまり、競争力のある価格を維持しているといえます。

 レガシィ/アウトバック 2021年モデルは、2020年10月に発売される予定です。

※ ※ ※

 北米で販売されているレガシィは、2019年7月にフルモデルチェンジした7代目です(アウトバックは6代目)。日本では6代目の「レガシィ B4」が販売されていましたが、2020年6月に生産終了となりました。

 7代目レガシィが北米で登場した当初、日本仕様のレガシィ B4は遅れて登場するとされていましたが、その後スバルは「日本のセダン市場が以前より厳しく、7代目のレガシィB4を導入する判断ができなかった」とコメントしています。

 なお、日本市場での「レガシィ アウトバック」(5代目)は、2020年8月に変更が加えられ、継続して販売。新型となる6代目の導入は決定しており、2021年に発売されるのではないかといわれています。

スバル・レガシィアウトバック のカタログ情報を見る

【画像】日本未発売! 最新のスバル「レガシィ/アウトバック」をチェック(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スバルを30年以上乗り継いできたが、ここ何年かの日本ユーザーをコケにした経営姿勢は、本当に残念でならない。何年か前、単に海外生産が遅れていた事が円安進行で思わぬ利益に結びついただけなのに、まるで先を読んだ経営で成功したかのような錯覚に陥り、二代続いた営業系トップは目先のカネを追い求めて日本ユーザーを捨ててしまった。
    数年後には、このツケが必ず来る。10年後にはトヨタの1部門かなんかになって消滅するのかな。