500万円を切るエントリーモデルが登場 BMW3シリーズセダンに「318i」追加

ビー・エム・ダブリューは2020年8月3日、プレミアムスポーツセダンであるBMW「3シリーズ」のラインナップに、エントリーモデルとなる「BMW 318i」を追加、販売を開始した。

318iは2リッター直列4気筒エンジン搭載

 ビー・エム・ダブリューは2020年8月3日、プレミアムスポーツセダンであるBMW「3シリーズ」のラインナップに、エントリーモデルとなる「BMW 318i」を追加、販売を開始した。

BMW「318i Mスポーツ」
BMW「318i Mスポーツ」

 318iは、従来の「320i SE」に代わる新たなエントリーモデルで、ベースの318iとスポーティなグレード「318i M Sport(Mスポーツ)」が用意される。

 車両価格は、318iが489万円(消費税込、以下同様)、318i Mスポーツが559万円となる。とくにベースグレードの318iは500万円を切る価格で、人気となりそうだ。

 エントリーモデルとはいえ装備は充実している。

 高性能3眼カメラや高性能プロセッサーおよびレーダーにより、最先端の運転支援システムが装備されており、これにより日本国内においてBMWが最初に認可を取得した「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が利用可能だ。

 ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能とは、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムで、絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、時速60km/hまでステアリングから手を離して走行が可能となる。

 さらに、アクティブ・クルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロール・アシスト、サイドコリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィック・ウォーニングの標準装備により、審査委員会の審査を経て「セーフティー・サポートカー(サポカー)」として、補助金対象モデルと認定されている。

※ ※ ※

 3シリーズは1975年に登場して以来、40年以上にわたって支持され、世界累計で1500万台以上を販売。スポーティな走行性能と実用性を兼ね備えたスポーツセダンだ。

 現行3シリーズは「G20」型と呼ばれる7世代目で、2018年10月に開催されたパリサロンでワールドプレミアされたモデル。日本では2019年1月30日に発表されている。

 2019年12月に発表された日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020では、BMW3シリーズは「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

 今回、新たにラインナップに加わる318iは、最高出力156ps/4500rpm、最大トルク250Nm/1350-4000rpmを発生する2リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載している。WLTCモード燃費は13.4km/Lとなる。

 ちなみに、BMW1シリーズの「118i」は、140ps・220Nmを発生する1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。同じエントリーモデルでも、3シリーズと1シリーズでは搭載エンジンが異なっている。

【画像】セグメントリーダーのBMW「3シリーズ」を画像で見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント