新型「ゴルフ8」は いつ日本上陸? 2020年後半にやってくるVW車を予想してみた

2020年も7月に入り、後半戦に突入した。上半期はドイツをはじめヨーロッパ諸国でロックダウンがおこなわれるなど経済的にも大きなダメージを受けたが、それでもニューモデル投入は着々とすすんでいる。2020年後半に日本にやってきそうなフォルクスワーゲン車を予想した。

注目の新型ゴルフ8の日本上陸は2021年になりそうだ

 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国産車・輸入車ともに登録台数は前年にくらべて少なくなっている。

 緊急事態宣言が全国的に解除されたこともあり、6月に入ってからの輸入車新規登録台数は4月、5月にくらべると若干良い数字にはなってきたものの、それでも前年同月比67.7%(外国メーカー車の乗用車)の2万1075台と厳しい状況には変わらない。

 ドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国でも、ロックダウンがおこなわれた影響で経済的にも大きなダメージを受けたが、6月に入ってからは各メーカーからニューモデルが発表されるなど、徐々にではあるが日常に戻りつつある現状だ。

日本上陸が期待されるモデル、VW新型「ゴルフ8」
日本上陸が期待されるモデル、VW新型「ゴルフ8」

 2020年後半に日本に入ってくる予定の外国メーカーのニューモデルを予想していこう。今回はフォルクスワーゲンだ。

※ ※ ※

●「新型ゴルフ」の日本上陸は2020年には間に合わない?
 
 フォルクスワーゲンを代表するCセグメントハッチバックが「ゴルフ」だ。

VW新型「ゴルフ8」
VW新型「ゴルフ8」

 初代ゴルフは1974年に登場。横置きエンジンの前輪駆動(FF)小型車というジャンルを築いたメガヒットモデルで、登場以来46年にわたり、Cセグメントのベンチマークとなっている。

 そんなゴルフは、2019年10月にドイツ本国で8代目にフルモデルチェンジ、ゴルフVIII(8)として登場している。

 全長4284mm×全幅1789mm×全高1456mm、ホイールベース2635mmというボディサイズは、従来型ゴルフVII(7)と比較して26mm長く、全高が36mm低くなっている。

 2020年2月には、新型ゴルフ8をベースにしたスポーツモデル、ゴルフGTI/ゴルフGTD/ゴルフGTEも欧州で発表されている。

 そんな新型ゴルフ8の日本上陸は、当初は2020年秋を予定していたようだが、どうやら雲行きが怪しくなってきている。

 その理由は、やはり新型コロナウイルス感染拡大によるものという。世界各地にフォルクスワーゲンブランドの工場は16工場あるが、ドイツとヨーロッパでは約6週間、南米でも約10週間生産が停止された。現在ではすべて元に戻っているとのことだが、このことにより、日本への導入計画の見直しが余儀なくされたようだ。

 ただし現行型のゴルフ7はいまもなお、日本において人気だ。日本自動車輸入組合の統計によると、2020年上半期(1月から6月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数順位では、ゴルフは2位の5792台となっている。

 これは、2019年8月に導入されたディーゼルモデル「ゴルフTDI」の人気が大きい。フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)としては、現行ゴルフがモデル末期においても人気を維持しているため、新型ゴルフ8の導入をそれほど急ぐ必要がないのかもしれない。

 横浜や世田谷などで、頻繁に左ハンドル仕様の新型ゴルフ8のテストカーが走っているという目撃情報が寄せられている。2020年内の日本導入は難しくなっているようだが、それでも2021年の早い時期には必ず上陸するだろう。

【画像】待ち遠しい! もうすぐ日本登場のVWモデルを画像で見る(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント